継続は力なり・・・?(1)

Pocket

マーケットに参入してきた人々は、思い思いのトレードに取り組み始めます。

「あーすれば、勝てるのでは?」

「この方法なら、きっとうまくいく」

「今度こそ、しっかり損切りするぞ!」

なんて事を考えながら、思考錯誤の日々を頑張る訳です。
これは、勿論大切な経験の蓄積期間であり、そういう期間も無しにいきなり勝ち組トレーダーになったりする方が奇跡でしょう。
でも私の経験から言わせて頂くと、トレード歴2ヶ月以上のトレーダーで、今現在の自分のスキルを評価して明らかなプラスへの偏りが無いようであれば、その状態を繰り返す事でトレードのレベルが上がる事に期待するのは効率が悪いと言う事です。
例えば、2週連続で週間マイナスが続いたのであれば、更に同じ事を繰り返して行ってやがて週間プラスに好転する事を待つのではなく、直ちにトレードをストップして、自分の長所と短所を徹底的に分析し、短所を完全克服する方策を立てると同時に、もしこれといって長所と言えるようなものが無い(=「これなら勝てる!」という勝ちパターンを持っていない)のであれば、どこかからそれを探してくる必要があるという事です。

過去記事でも書いた事がありますが、私は個別株のデイトレで、

「なんで、今日の相場はこんなに難しいのだろう?」

と、漫然と2ヶ月以上も感じ続けていた事がありました。
こう感じているという事は、当然週間プラスもおぼつかずトータルではジリ貧です。
今だから言えますが、こういう期間は無駄に等しいという事です。
もし可能なら、この2ヶ月という時間を巻き戻し、それ以前のトレードを徹底分析し、何か新しい戦略が見つかるまではトレードを停止する事が最善だったと今では考えています。

「トレードさえ続けていれば、トレードが上達する」という事は殆ど無い

のです。
何か新たな優位性を発見するとか、有効な手法を外部から取り入れるとか、自分の中にあった弱点を徹底的に洗い出して、その対処法を決め、且つ断固とした決断をするとか、そういう自分の中での「ブレイクスルー」が起こらないと(又は「起こさないと」)、ただただ時間と資金を失うだけの可能性が高いのです。

経験を積む事は、確かに大切な事です。
しかし、積み重ねるべき経験は「勝ちトレード」の経験です。
(しかるべき損切りポイントでの毅然とした損切り執行は、訓練期間なら勝ちトレードにカウントする事が可です。)
これといった優位性もないまま、漫然とトレードして負けたような経験をいくら積んでも、デイトレーダーとしての前向きな経験の蓄積とは言えないのです。

それどころか、収支がマイナスになるようなトレードを漫然と継続すると言う事は、むしろブタのトレードを自分にしみ込ませる、定着させる事になっていると理解すべきです。
過去2週間かそれ以上に渡って成績がマイナスであった方は、この記事をよく読んで、早急に仕切り直しされる事をお勧めします。

『つづきを読む』<—–クリック!

Pocket

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>

トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。
このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けているトンネルの出口を見つけられますので、今すぐゲットしてみて下さい。

2 件のコメント

  •    ∧        ∧
       \\____//
       | ノアホたれヽ、   
        /   ―  ―ヽ    
        |  ////( _●_)ミ 確かに・・・
       彡、    |∪| l 
         ヽ   ヽノ / ムダ弾撃ちっぱなしだたクマ
        /´  ヽ、r ̄ 自分の欲に引っ張られやすいクマ 
     ▲  r  ヽ、  )  
      ┗━ヽ、  ヽヽ  
        と二_ノ_ノ  
                  

  • たかやん様、お世話になっております。
    トレードは日々精進ですね。
    小さなアップトレンドに何度も乗っては降りて、「そのうちトレンドに乗れるさ」ぐらいの気持ちで追いかけ続けています。
    今日はミクシィとGSユアサ、野村HD、ラオックスに乗れました。
    でも、明日はどこにも乗れないかもしれません。
    この波待ち感覚はサーフィンと似てますね。
    いつ来るか判らない最高の波を自分の得意とするポジションで待ち構える。
    サーフィンは波に対して1つしかないポジションの取り合いもあるので、単純にポジションを取るだけならトレードの方が簡単かもしれません。
    ところで、サーフィンも波に乗らないと練習になりません。
    テイクオフして初めてライディング感覚が掴めます。
    たかやん様が言う通り、トレードの数は少なくても良いので勝ちトレードを確実に積み重ねることが重要だと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    20 − 3 =