御無沙汰です。(1)

前回の投稿から1ケ月近くも、記事更新をサボってしまいました。
いろいろ忙しいという事もありますが、最近はメールやコメントで様々な事を質問されるので、それに答えていると、もうそれだけでこのブログ関係で使う為の時間が終わってしまうという感じです。
特にデイトレの方法等に関する質問は、私もチャートを詳しく見たりして回答しなければいけないので大変です。
やっとのことで溜まっていた質問への回答を1件済ませると、新規の質問メールが2件溜まっている、といういたちごっこが続き、ついに回答しきれない状況になってしまいました。
私の回答処理能力より、受ける相談件数の方が多いのです。
この状態が続くと、ブログの更新がずっと止まってしまいますので、今日からしばらくデイトレの方法に関する質問は受け付けない事にします。
お送り頂いても「回答不能」とのみお返事させて頂きます。
とりあえずは1~2ケ月ほど。
また受けられるようになったら、記事で連絡しますので、しばらくは相談をお控え下さいますよう、お願い致します。
この記事以前で受けているメールについては、暇を見つけてはお答していくつもりですので、お忘れになった頃に返事が届くと思います。

それと、人生相談みたいなのも増えてきました。
以前は、

「私でもデイトレーダーになれるでしょうか?」

みたいにデイトレーダー志望者本人の相談が主でしたが、最近は奥さんとかフィアンセの方からの相談の方が多くなってきました。
コメントによる質問よりメールの方が圧倒的に多いですが、他の方の参考になる場合もあるので、できればぜひ、ブログへのコメントで質問してきて頂きたいです。
匿名性は確保されていますので。
まあ、どうしても抵抗がある場合はメールでも結構ですが・・・。
こういう質問は、デイトレの方法に関するものとは違って、調べる必要が無いので比較的簡単に回答できますので、今後も受け付けます。
お気軽にどうぞ。
ただ、私ごときがどれだけご参考にして頂ける答えが書けるかははなはだ疑問ですので、あまり過剰な期待はしないで下さいね。

つづきを読む

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>

トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)

7 件のコメント

  • 毎日みているのですが、なかなか記事が更新されないのでどうしたのかな?と思ってましたがそういうことでしたかw
    あまり無理しないように頑張ってください。
    ただひとつ気になるのは利益は伸ばす方がいいのではないのでしょうか?それとも最近は大幅にGU、GDが多いのでその日のうちに決済がいいということでしょうか?

  • たかやんさん
    お久しぶりです。
    毎日チェックはしておりましたがしばらく更新がなかったので心配しておりました。
    人気ブログの宿命なのでしょうが、ご苦労さまです。
    また、励ましコメント書きますね!

  • いゃぁ。毎回頭が下がりますね。
    何故にそこまで会ったこともない人のために・・・
    と思ってしまいます。
    僕もその救われた人のうちの一人ですね。
    感謝しています。
    1ヶ月半「100万円」を使ってみての感想ですが、気づきにはなりました。
    しかし書いてあることそのままですぐに勝ち続けることが出来るかというと、結構難しいかもしれません。
    かなりの検証作業が必要ですし、もちろん確信を得るには相応の努力が必要です。
    やはりデイトレは甘くないです。
    個人的にはそう感じました。
    しかし多くの気づきがありましたので、今は「100万円」とはやや違う形で勝ち続けることが出来るようになっています。
    おそらく「100万円」を見ていなければ、この気づきは無かったでしょうし、勝つづけることも困難だったと思います。
    僕にとっては「100万円」よりもたかやんさんのオマケの方が価値がありました(笑)
    たかやんさん、忙しさが一段落したら、メールで僕の手法をお伝えますので、検証していただけませんか?
    僕的には金鉱を掘り当てたほどの感動あるひらめきだったのです。
    みんな知ってるのかもしれないけど・・・

  • いつも拝見しております。
    >ただ、いかな月100万といえども、今の株式市場そのものが
    >デイトレーダーには厳しい状況である事は間違いありません。
    >(一方、現在の株の場合は、トレンドの継続が期待できないので、
    >ある程度の勝率をキープし、「薄利で食い逃げ」みたいな機動性が
    >求められていると感じています。)
    私もデイトレをしていて以前に比べて利益が上がり難い相場状況ではないのかと
    感じているのですが、私の認識と同じなのか確認させて頂けませんか?
    デモトレから始めて週間プラスを実現し、最小単位から少しずつ単位数を増やして数ヶ月間ずっと週間プラスを維持してきたのですが、今年の1月あたりから週間プラスを維持できなくなりトントンの状態になってしまいました。
    スランプなのか、本能に負けているのか、手法を歪曲して使用しているのか、いろいろ原因を探しているのですが、よく分からないのです。
    自己の取引を分析してみると、損切りに関しては以前と同じ幅で損切りしているのですが
    利益に関してはなかなか伸びないというのが最近の取引状況です。
    損切りは自分で出来ますが、利大の追求に関してはその時の相場状況が決めることなのでこの利益が伸びないというのは、最近の相場状況が日中足レベルでもトレンドの
    継続性が無くなっているのでは?と考えるようになりました。
    以前の利益が出ていた頃の日中足チャートと現在の日中足チャートを比較しても、個人的な感覚ですが、やはり現状はトレンドが続かないという印象があります。
    一日で動く値幅が縮小傾向にあることは監視銘柄の分析でわかっており、この点からも利益が上がり難い、利大の追求がし難い相場状況という認識でいます。
    たかやん様の考えるデイトレーダーには厳しい状況というのは、私の認識している上記のことと同じ事をおっしゃっているのでしょうか?
    それとも別の意味で厳しいとおっしゃっているのでしょうか?

  • >私の認識している上記のことと同じ事をおっしゃっているのでしょうか?
    同じ認識と推測されます。
    スキャルピングトレードのように、ティックチャートと板情報で完結できるトレードなら、相場と関係なく稼げるのかもしれません。
    でも、私の手法はデイトレとは言っても、主にトレンドに乗る事で稼ぐ方法ですので、今ほど難しい相場は過去に経験がありません。
    2007年の初夏、上昇相場が終わる時もかなり難しく感じましたが、この時と比べても今の方が遥かにデイトレーダー泣かせだと思います。
    御存じの通り、世界経済は最悪の状態にあります。
    その悪材料の全てが既に表面化し織り込まれたとはとても思えません。
    まだまだ、世界のどこでどんな経済爆弾が爆発するかわかったものではありません。
    全く上昇相場に転じる材料が見当たりません。
    しかし一方で、(日本の)株価は下がりすぎています。
    いかに経済環境が劣悪であるとはいえ、企業が持つ資産が蒸発して消滅していく訳ではありません。
    ところが株式市場では、実際の企業価値の半分くらいの価格で売買されている銘柄がゴロゴロしているのです。
    少しでもお金に余裕のある人、企業、組織、団体なら、買いたい誘惑に勝てないのでは?
    かといって、この買いで株価が上がり始める訳ではありません。
    まだまだどこが底かは誰にもわかりませんから「押し目買い」しかできないのです。
    押し目買いでは、下げ止まる事はあっても、トレンドを描いて上がる力はありません。
    結局、上がりも下がりもできない、従ってトレンドが発生できない状態です。
    一見トレンドのように見えているものも、本格的な下げ相場(又は上げ相場)に見られるトレンドに比べれば、「ノイズ」程度のものでしかありません。
    トレンドの無い相場で、トレンドフォロー派が苦労するのは極自然の事です。
    そうは言ってもなんとかしなければいけないので、FXにも注力してみるとか、今までよりも短いスパンで、トレンドではなくモメンタムで薄利を重ねるなど、いろいろ策を講じる必要が出てくるのです。
    まあ、こういう時が永久に続く訳ではありませんから、ちょっと負荷トレーニングをやっているとでも思って頑張るしかありません。
    <補足1>
    上記の内容で「下がりすぎている」と書いたからといって、安心して買わないで下さいね。
    理論的には「狂った価格」まで下がってきていますが、今が底かどうかは誰にもわかりません。
    例えば「GM、遂に破綻!」なんてニュースが飛び出したら、米株は暴落しますし、その翌朝日本株が下がらない訳にはいきません。
    株価は理論的に決まっているようでいて、実際は感情の生物「人間」の欲や恐怖が決めている事をお忘れなく。
    <補足2>
    とはいえ、理論的に異常な安値は、時間が経てば自然に訂正されていくと考える方が自然です。とすれば、押し目を丹念に拾い続けていれば、いずれは大化けしてくれる可能性が高いのです。普段は信用トレードばっかりのデイトレーダーも、今しばらくは信用トレードと並行して現物をコツコツ仕込んでいってみればいかがでしょうか?
    (決して一気・全力買いしてはいけません。)
    世界有数の日本の優良企業が、PBR=1以下でゴロゴロしている今の状況は100年に一度あるか無いかのチャンスかもしれませんよ?
    上がってから悔しがっても、後の祭りです。

  • たかやんさんの更新が滞ってたので、私も気になっていました。
    株で苦戦してた頃に出会ったこのブログ。
    何度も個人的にメールをしましたが、どれもきちんとしたお返事が来て、何度心が救われたことでしょう。
    そのたびに新たな気づきをいただき、現在もトレードし続けることができています。
    結局、FXに完全移行しましたが、なんとか月トータル+が実現できています。
    まだまだヘタレトレードですが、
    私がトレードで生きつづけて来れたのはたかやんさんのおかげです。
    これからも更新をお待ちしております。
    どんな記事もとてもためになることばかりで楽しみにしています。

  • ご丁寧なコメント、ありがとうございます。
    どんなアドバイスを差し上げたのか、すっかり忘れてしまいましたが、今なお生存されている事は喜ばしい限りです。
    これからはみみりんさんも、退場寸前の人がいたらアドバイスしてあげて下さいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    9 + 1 =