夜明け前が一番暗い?(4)

「そろそろ、夜が明けても良いかも?」
(=ダブルボトムになれば良いのだけれど?)

マーケット全体がベアな気分になっている時でも「常に反対方向の可能性にも配慮しなければ」、と自分にも言い聞かせるつもりで書いたのですが、売りポジ抱えた人を弱気にさせてしまったとしたらゴメンナサイ。
(今のところ、苦情はもらってませんが・・・)

現実問題として日経平均は12000円の「かつては」強固だった支持線を割り込み、夜明け前が一番暗い?(1)を書いた時よりずっとベアな状況です。
今日は結構戻しましたが、12000円を超えてこないと戻した事にはなりません。

FRBがいくら「しっかりしてる」といっても、どこかの国の政治家なんかと比較して「しっかりしてる」だけで、本当にしっかりしてるのであれば、サブプライム問題も、もっと初期の段階でくい止められたはずです。
人間というものは、どんなに頭が良くても、理性的・知性的であっても、「欲望」の前には「ケダモノ」の如く本能に抗しきれないものなのかもしれません。

JR福知山線脱線事故に見るデイトレ」でも少し書きましたが、バッドニュースはグッドニュースより常に遅れて、ジワジワと拡大しながら伝わってきます。
最初は「些細なバッドニュース」と思われたものが、次第にインパクトを増しつつ「空前のバッドニュース」に拡大・変貌していくのを何度も目撃してきました。
というか、実は殆どはこのパターンです。
「耐震偽装」なんてのは記憶に新しいところです。
現在賑わっているニュースで言うと、食品偽装問題や、日本相撲協会なども、最初は小さなニュースから始まりました。

サブプライム問題はちょっと違って、最初から「最大級のバッドニュース」として伝わってきました。
例えば「世界の損失は、総額40兆円程度に拡大する見込み」みたいな。
40兆円と言えば、「タダ事」でないくらいは誰でもわかります。
しかしその金額が大きすぎて、「バッドニュースは時間とともに拡大する」という法則をついつい忘れがちになっていた事を否定できません(私だけ?)
サブプライムに留まらず、CDSの問題として考えて初めてリーマンの負債総額64兆円という破綻も、やっと納得できます。
CDS市場は60兆ドル(円ではなくてドル!)もあるそうですが、このシステムがもし崩壊し始めるならば「世界の金融システムの崩壊」という表現には少しの誇張も有りません。
AIGがリーマンと同じく見捨てられていれば、この崩壊は既に確実なものとなっていた可能性があります。

リーマンの破綻は「終わり」ではなくて「始まり」であるのかもしれず、であるならば「バッドニュースは時間とともに拡大する」という法則が法則として再度機能する可能性は否定できません。

じゃあいったい、どうなるのか?
今は夜明け前なのか、まだ夕方なのか?

デイトレの技法、りそなHDのブレイクアウト私は勿論、世界の誰もわかっている人はいないかも知れません。
その結果として、マーケットは乱高下が続いています。
みずほ(8411)がこんなタイミングでストップ高比例配分とは・・・?
りそな(8308)も、立派にデイトレのサインを出して上がっています。
こんな時に・・・(?!!)。

とても予測なんかできない状況です。
しかし、サインが出てそのサインを見てから後出しジャンケンで勝負すれば、こんな時でも優位性を維持する事は可能です。
人間は思考を意思で停止する事はできない(「凡人は」ですが・・)し、今みたいな「波瀾万丈」な時というのはそうそうある訳ではないので、徹底的に調べたり考えたりして見るのは良い事だと思います。
しかし、あなたがデイトレーダーであるなら、その思考の結果で勝負してはいけません。
あなたの身を軽くする為だけに思考して下さい。
そして動く時には、必ず「サイン」を確認してから。
(結局、な~んにも考えなくても一緒なんですけどね?)

今後どう動こうが必ずサインは出るし、そのサインに先立って動かなければ勝てないような特殊な相場は無いと思います。

つづきを読む

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + 5 =