デイトレで成功する人、しない人(3)♪

デイトレに限らず、何にでも興味を持ち、行動にすぐ移れる人が「成功者」の条件です。
何か新しい事に出会っても、

「どーせ・・・」

とネガティブな考えが先にたって行動に移らなければ、失敗も無い代わりに成功もありません。

デイトレみたいにハイリスクなビジネスに興味を持たず、堅実な人生に何の不思議も感じないで定年まで行ける人を否定するつもりはありません。
それどころか、尊敬に値します。
そういう人たちが一杯いてくれるから、日本は日本であり続けられるのですから。

デイトレというロケットの燃料は「不満」だった?しかし、何か新しい事に興味を持ち、その事で成功したいと思うのであれば「行動力」が必須要件となります。
人間は、初めてやる事には何にでも抵抗感があり、面倒臭く感じるものです。
でもその「面倒臭さ」に打ち勝ち「行動」に移りさえすれば、当初の「面倒臭さ」は消え、更に進んでいく事ができます。
自分が「引っ込み思案」だと思っているなら、とりあえず最初の一歩だけは無理にでも進んでみる事です。
最初の一歩を踏み出すだけで、後は更にどんどん進んでいける勢いがつきます。(脳はそういう構造になっています。)
デイトレーダーも立派に職業ですから、それで食べていけるようになるには、それなりに沢山の障害物を乗り越えていく必要がありますが、一旦勝ち方がわかれば、これほど魅力的なお仕事もちょっと無いと思います。
何か今の生活に不満があるとき、それをストレスとして解消してしまうのではなく、新しい事にチャレンジする為の起爆剤として使えれば、これほど有効な使い道もまたとないでしょう。

明日に続きます。

続きを読む

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


2 件のコメント

  • たかやんさん、こんにちは。
    お久しぶりです。
    VMであの日快勝した後、実は迷宮にはまりこんでいました。
    なぜだか入るタイミングが余計にわからなくなってしまったのです。
    色々考えました。
    で、自分なりに辿り着いた答えが、今まで5分足をメインで見ていたのにVMでメインで紹介されていた30分足でやり始めたからではないかと。
    そして、これも今まで視覚的にわかりやすいサインが確定してポジっていたのが、これまたインジケーターは使っているもののサイン?の確定がほとんど裁量による判断となったことが原因かと。
    VMの考え方はとても理に適っているので、このVMの考え方をどうにか分かりやすいサインに変えれないかと四苦八苦した結果、どうにかおバカな私でも入れるような視覚的なサインとルールができました。
    ふー。
    たかやんさんに早くPDFやトレーダーズクラブのお礼をと思っていたのですが、少しでも良い結果が出てからと思い遅くなってしまいました。
    すみません。
    色々と頂いて勉強させていただき、有難うございました。
    やはり私にはVMの方が性に合っているようです。
    どなたかがコメントされていましたが、私もダルマとVMを合わせて使ってみようと初めは思っていました。
    たかやんさんが、ダルマはテクニカルでなくファンダメンタルと書いてらっしゃったので、へ~(@@)そりゃ、考えてもわからんはずだ、と納得しました。
    これからはVM一本でやっていこうと思っています。
    ではまたコメントさせてもらいますね~。

  • 殆どの時間帯でVMは機能するのですが、限られたタイミングでは全く機能しなくなる時があります。
    (それはVMの中にも書いてある事です)
    その時が、ダルマや「ローソク足の格」の出番のタイミングです。
    VMとダルマを両方使う事には何も問題ありません。
    ただ、同時に両方使おうとするからうまくいかないのです。
    夜は暗いので懐中電灯を持って歩く。
    昼はまぶしいのでサングラスをかける。
    懐中電灯もサングラスも、両方持っていても何も問題はありません。
    使うべき時に、使うべきものを使えば。
    でも、夜サングラスをかけたら、懐中電灯の効果は弱まってしまうし、昼に懐中電灯をつけて歩いても、邪魔なだけです。他の人からは変な人だと思われるだけでしょう。
    まあそういう事も、もう少ししたら次第に解ってくると思います。
    今は無理に両方使わなくてもいいですから、その調子で頑張って下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    thirteen − 6 =