デイトレーダーの病気

いくらリラックスとかポジティブシンキングとか集中とか言ってみても、大損トレードをした時は全く別です。

本来、デイトレの辞書に「大損」はありません。
「やっちまった」事はしょうがないとしても、それをポジティブになんて考えようがありません。
あなたのトレードのどこかにデイトレに不向きな、何か深刻な

「病気」

があって、それが発症したという事です。

一番いけないのは、すぐさま次のデイトレで取り戻そうとする事。
大損するという深刻な「病気」をそのままにデイトレを継続しても、決して良い結果には繋がりません。
損失のショックもそのままに、平常心を失って動き回っても損失を拡大してしまうだけです。

「大損」してしまったら、少なくともその日はデイトレしない事。
まさに「頭を冷やす」必要があるのです。

「病気」の原因をしっかり見据え、再発しない、させない事を自分で納得できるまでデイトレしない事。
デイトレを再開するのに何日かかっても構いません。
その時間、日数が長いほど、生き残る可能性のあるデイトレーダーです。
その時間、日数が短いほど、マーケットで生き残る適正を欠いたトレーダーだと思って下さい。

偉そうな事を書いていますが、私は「悪い見本」みたいな経験をしています。
そして、常にそれは結果も最悪でした。
資金量によっては、そこで The End になっていたでしょう。
そういう「悪い見本」みたいな経験をしても、生き延びられれば「良い教訓だった」なんて考えられなくもないですが、もしあなたが有能なトレーダーであるなら、

「平常心を欠いた無茶トレードで、良い結果が出るはずがない」

という「当たり前」の事を、経験しなくても理解できるはずです。
この「当たり前」の事を、経験しないと理解できないだけでなく、繰り返してしまう人は、残念ながらマーケットの「餌食」となって、遅かれ早かれ退場する運命にあります。

マーケットとは、命のやりとりこそありませんが、

「命の次に大事なものを奪いあう、本物の戦場である」

という事を忘れてはいけません。
傷ついたまま向かって行って、すぐさま失ったものを取り返せるほど甘い世界ではないのです。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − five =