勝負はそこから

スランプ,苦悩

昨日は、こんなコメントがありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
返事をもらえるかわからないんですが、質問したいことがあります。
私はもうデイトレーダーとしてもうすでに3年やっています。
どうやっても勝てない。
記録もとっていますが、勝ったり負けたり、方法を変えたりしてずっとやってきましたが、総額300万の負けまで膨らんできました。
ロストカットは完璧にこなし、利益がどうしても伸ばせない。

我慢して伸ばそうとすると約半分以上が結局はマイナスで終わってしまいます。
そこで、今日思い切ってスキャルピングに手法に変えてみましたが、また負けた。
一体勝っている皆さんはどうやって利益をのばしているのか、本当にお手上げです。
よろしくお願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

で、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「このブログ全体が、その質問の答えです。
チョコチョコっとコメントで回答できるような内容じゃないから、もう17ヶ月も書き続けていて、まだ終われてません。
でも、せっかくコメントして頂いたのに「私のブログを読め!」では回答になってないでしょうからメールをお送りします。
お返事、お待ちしてます。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とコメント返しした後お送りしたメールがコレです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>記録もとっていますが、勝ったり負けたり、方法を変えたりしてずっとやってきましたが、総額300万の負けまで膨らんできました。

マーケットはあなたを負けさせようと思ってはいません。完全無意識です。
猫に銘柄を選ばせても、例えば「エントリーしたら、結果に関係なく、30分ちょうどで脱出する」なんてルールでも、確率的には期待値=ゼロなだけで、大きなマイナスにはなりません。(手数料はマイナスですけど、それでー300万にはならないですよね?)
ところが、多少の凸凹はあるにしても、一貫して収支曲線が右肩下がりになっているとすれば、何か原因があるに違いありません。
そして、私のブログではその原因をあなたの「本能」であると結論しています。
ちょっと勝てば、調子にのってハイリスクなデイトレに挑戦して凹まされる。
ちょっと負けると、それまで勝てていた正しい方法なのに駄目だと思って手法を変えてしまう。
そしてまた新しい手法に挑戦し続ける。

これ、みんな「本能」です。
「欲」であり「恐怖に負ける」事です。

デイトレにおいて正しい手法を選ぶ事はもちろん重要ですが、それ以上に大事なのは、どれだけ本気になって本能を捨てる気があるかどうかです。
これは簡単な事ではありません。

本能を捨てるというのは、言うは易く行うは難しです。
だからついつい自分を甘やかし、本能はそのままで手法を探し回ってしまうのです。
手法を探し回るだけで勝てるようになるなら、デイトレは簡単なはずですが、そうなっていないのは、努力が空回りしているからです。

まず本能を捨てて、決めたルールに従う決意ができるかどうか?
そういう事について、私のブログではいやというほど書いてあります。

>ロストカットは完璧にこなし、

ロスカットは完璧だと言い切れるというのは大したものです。
だからこそ3年も続けてこられたのだと思います。
但し、デイトレによって損切の最適な深さは、いろいろあります。
ロスカットポイントが浅すぎていないか、深すぎていないか、支持線・抵抗線は見えているか、常にトレード記録で検証すべきです。
でも、これはせいぜいトレード歴1年ちょっとまでの人へのアドバイスで、あなたには無用であるかもしれません。

>利益がどうしても伸ばせない。我慢して伸ばそうとすると約半分以上が結局はマイナスで終わってしまいます。

これから察するに、トレンドフォローをやりたい訳ですね?
でも半分以上は、エントリーポイントを割り込んで損切になる。
という事は、
・エントリーが遅すぎて、トレンドの尻尾に飛び乗っている。
・ギャップが大きすぎて、当然起こりえる反落(反騰)で引かされている。
・実は、トレンドが見えていない。
・チャートが発信しているエグジットのサインが見えていない。
・日足、週足レベルの抵抗線が見えていない。
・指数の方向を軽視している。
とか、いろいろ考えられますが、具体的な事はわかりません。
トレード記録をよく検証してみて下さい。必ず理由はあります。

「我慢して伸ばそうとする」この事自体は、正しいです。
でも、ただ漫然と、何でもかんでも伸ばしていて良いと言う訳でもありません。
「利確」、これはやっぱり、経験がものをいうところです。
でも、手法をコロコロ変えていては、いつまでも経験が養われません。
早く自分の「勝ち方」を確立し、一旦確立したら、石のごとく山のごとくそのルールに徹する必要があります。
「勝ち方」を探している段階で実弾投下は、事を難しくしてしまいます。
私には出来なかった事なのですが、ペーパートレードを強くお勧めしています。
ペーパートレードは、遠回りのようでいて、実は近道です。
ペーパートレードができない理由があるとしたら、「焦り」と「欲」ですよね?
だから、ペーパートレードができるというのは、ある意味すでに「本気が出せている」状態であり、しかも「欲」が絡まないので、手法やトレードを客観的に見る事ができるのです。
私のブログでは、勝ちやすいチャートパターンなんかも紹介していますが、ああいうパターンをしっかり理解していて、そのパターンが発生しそうな銘柄で待ち伏せし、本能を断ち切ってルールの通りに出たり入ったりできたら、トータルでマイナスになるはずがないのです。

テクニカル分析には確かに優位性が有り、従ってランダムウォーカー説は間違っています。

それから「トータルで」というのが非常に大切です。
デイトレを続けていれば、たまに3連敗くらいしたって何も問題は無いのです。
ところが勝てないトレーダーは、3連敗もすれば簡単にそれまでせっかく続けてきた手法を投げ出してしまいます。
それでは、永遠に初心者です。

>そこで、今日思い切ってスキャルピングに手法に変えてみましたが、また負けた。

これも私の危惧している事の匂いがプンプンしてくるようです。
どんな手法であれ、そこから利益を上げる為には、修行というか訓練というか経験というか研究というか、そういうものが絶対必要なのです。
いきなりやってみたら勝てて、そのままやってもやっても勝ちっぱなし、なんて方法がある訳が無い。

仮にスキャルピングでやろうと思ったら、少なくとも20トレードくらいは検証してみて、勝算があるなら実弾投下しても良いし、その20トレードで勝算が見えてこなければ、更に研究するもよし、あるいはスキャルピングを捨てるもよしです。
自分の身銭を賭けるかどうかの手法の見極めは、到底1日ではできません。
「今日やってみて勝てた」とか、「負けた」とかで手法を評価していても、やっぱり永遠に初心者です。

勝てる手法でも負ける事はあるし、負ける手法でも勝つ事はあるからです。

今日は、このへんで。
このメールに対して、もっと聞きたい事が出てきたら、またコメントして下さい。
このメールで失望させてしまったら、ごめんなさい。
私には、これ以上そんなに有意義なアドバイスはできそうもないので、どこか他所にいって、また質問してみて下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

すると、今日はこんなお返事を頂きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

返信、ありがとうございました。
名前を申し送れました。私、☆☆と申します。

昨日質問したことに関して熱心に返信していただいて、大変感謝しております。

原因がわかりました。
それは私の早すぎる手法(の乗り換え)でした。
確かにたかやんさんの言うとおり3連敗する、いや2連敗あたりで心が揺れて、今まで勝ってきたパターンをすぐ変更してしまっていました。

これから自分なりの勝ちパターンを続けてみます。
本当にありがとうございます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とりあえず、よかったです。
デイトレで努力してるのになかなか勝てないという事の理由は、手法が間違ってるんじゃなくて、手法の使い手の方に問題がある場合が殆どのようです。(手法が間違ってる人は、「なかなか」の前に飛んじゃってます。)
人それぞれ、経験はまちまちですが、こういうメールのやり取りをずっと繰り返していると、勝てない理由には、かなり共通性のある事が見えてきます。
勝てないパターンを全て経験してきて、その「傾向と対策」を私なりにまとめて紹介しているのがこのブログですが、やっぱりブログだけじゃ気がつかないけど、メールをもらうと「はっと、我に帰る」みたいな気づきもあると思います。
☆☆さん、コメントして頂いてありがとうございます。
この記事を読んで「はっと、我に帰れた人」がきっと何人もいると思います。

勝負は、そこからです。

======================================
(補足)本能と理性の関係については、こちらのレポートで詳しく解説しています。

『デイトレ攻略の新戦略レポート』 <==クリックして下さい!
======================================

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


2 件のコメント

  • 今回も福音をありがとうございます。
    私は専業デイトレーダーではないですが、マーケットの荒波に揉まれながらようやくトレードのなんたるかが掴めて来ました。
    資産チャートもダブルボトムを描き、今度こそ右肩上がりを実現できるかもという自信が出てきました。
    このブログに網羅されているほとんど全ての失敗は身をもって体感しなくてはいけないんだ、といまは思えます。
    ヤラレた金額をちゃんと授業料にして、前進し続けることができるか。
    たかやんさんがよく強調されている「本気力」もすごく大事ですが、私は「真の謙虚さ」も大事だと感じています。
    これからも参考になる記事をよろしくお願いします。

  • はっ!と我に帰ります。
    >「勝てるルール」
    「本能から開放されるためのトレーニング」
    随分前に自分なりにアレンジしてやった事を思い出しました。
    自分がずっとどういう理由で負けているのかを検証してルールを作りました。
    とても単純なものになったというのに、なかなかできずにいました。
    時間がかかりましたが、ルール通りにやれば勝てるようになりました。
    (でもまだまだ完全ではないです)
    地合がよくなると、ちょっと変更して欲張りたくもなりますが、また初心に返って自分のペースを続けていこうという気持ちになりました。
    文章にする事は難しくコメントも躊躇してしまいますが、
    たかやんさんへのお礼と質問をされた方と、これからの自分にも応援の気持ちをこめて・・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    nine + three =