トレンドブレイクを狙え!(最終回)

昨日はまたしても「酔っ払い」が記事を書いてしまいまして、失礼しました。

やっぱりよく見なおしてみたら、あんまり良いチャートではなかったですね。
ザラ場中のブレイクアウトも有りではありますが、寄付きですっきりブレイクしているものと比べたら、信頼性には格段の違いがあります。
リミットマインダーに入れておいて損はない日足でしたが「ブレイクアウト」のパターンとしては、大したことなかったです。
私の場合マイツール中心で、リミットマインダーは殆ど使ってませんし、ザラ場では全然気づきませんでした。

それから、

「チャートが「」が逆になってて、勘違いする読者もいるのでは?」

というご指摘を受けました。
なるほど、私はデフォルトと反対の色にセットしております。
私は陽線を青陰線を赤に設定しています。
信号と同じです。
今後、「デフォルトの方が良い」というご指摘が多いようであれば、ブログでご紹介する時はそのようにもしますし、特にご指摘無い様であれば、このまま使います。
まあ、慣れてしまえば、どちらでも同じだと思いますが、違和感が強いようでしたら「苦情コメント」をお願いします。 (また、特にどなたにお奨めする配色という事でもありません。)

【 トレンドブレイクを狙え!(1)から読む 】

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


2 件のコメント

  • たかやんさん
    こんばんは♪
    いきなり「苦情コメント」です(笑)
    できれば、他の方からのご指摘と同じく色を逆にして
    頂けたらわかりやすいかもです、ワタシの場合。
    でもなんとか許容範囲内ですけど。。。(汗)
    ありがとうございました。ではまた♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    seven + fourteen =