トレンドブレイクを狙え(1)

前日の予習と、当日寄付き前後について、同じようなご質問がありましたので、典型的なパターンについて、ご紹介します。
(今回は、指数が「大下げ」の後なので、「下げトレンドブレイク」ばかりになってしまいました。ご了承下さい。)
今日ご紹介するのはいずれも、予習するなら今週木曜日、エントリーするのは昨日寄付きになります。
デイトレの技法 その1

(ご注意:陽線が青、陰線が赤で表示されてます。)

このドワンゴの例のように、綺麗にトレンドラインが引けるものには注目していて下さい。
そして寄付きの位置がトレンドラインをブレイクしないか、寄り前の板でチェックします。
右下がりのラインを上にブレイクして寄るなら、ロング。
右上がりのラインを下にブレイクしたら、ショートの候補になります。

右下がりのラインを上にブレイクして寄りましたから、当然ロング候補です。

デイトレの技法 その2

5分足1本目に下髭が見えますね?
寄値より、一旦下がって、再度寄値から、当日の高値がつく、そこでエントリーします。
寄値からいきなり上り始めると難しいですが、このように一旦下げてくれると、確度の高いエントリーが可能になります。

デイトレの技法 その3

これも綺麗なトレンドブレイクです。

デイトレの技法 その4

5分足1本目の下髭が短いので、L1でのエントリーチャンスを逃したら、あきらめるもよし、辛抱して「張り込み」をして、L2での分足レベルでの抵抗線突破を狙うチャンスに出会えるかもしれません。
とにかく、綺麗なレンジブレイクでの寄付きなので、いい加減なチャートに飛び込むより、しっかりした方向性のあるデイトレが可能になります。予習の効果です。

デイトレの技法 その5

これも綺麗なトレンドブレイクです。
このチャートには水平な線も書きました。
過去ほぼ2週間に及ぶ高値抵抗線の突破でもあります。
「確信犯」の匂いがしませんか?

デイトレの技法 その6

しかも、なんとも判りやすい「買い」のサイン付きです。きっと「太っ腹」な確信犯さんなんでしょう。

デイトレの技法 その7

これも判りやすいです。

デイトレの技法 その8

「買い」のサインが出ました。

デイトレの技法 その9
これは、今週はエントリーのチャンスがありませんでした。
でも、「今後に期待」というのが理解頂けますか?

とても基本的なテクニックしか使ってませんが、やはり地道な予習がものを言います。
そして、寄付き前のチャンス探索、ザラ場での高速チャート目視能力等、いろんな努力や能力、そして「運」もデイトレには大切です。
ただ、「運」は、それに出会えるだけの「どういう努力をしたか?」による所が大きく、結局勝てる人は自分で「運」を呼び込んでるんだと思います。

何かのご参考になりましたでしょうか?
説明不足のところがありましたら、またコメントでも、又はメールででも聞いて下さい。
かなり基本的な事ばかりなので、どのあたりまで説明が必要か、よくわからないんです。
(説明の為、「わかりやすい」ものを集めました。必ずしも実際のトレードとは関係ありません。とは言え、特殊なもの、結果オーライなものを意図的に選び出したのでもありません。チャートが綺麗で、トレンドが出ているものを抽出したら、こうなりました。別段「予習」と変わりありません。)

【 この記事の続きを読む 】

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


2 件のコメント

  • たかやんさん
    こんばんは♪
    今日のチャートを使った講義、とてもわかりやすいです。
    また、チャート自体もとてもキレイで見やすいです。
    しっかり勉強させて頂きたいと思います♪
    ありがとうございます(^^)

  • コメント、ありがとうございます。
    意外に好評なようで、記事にしてよかったです。
    こんなのでよろしければ、これからも時々ご紹介しましょうか?
    「これはっ」というチャートを見つけるのは簡単なんですが、MAはずして、線入れて、切り取って、文字入れて、保存して、アップロードして、貼り付けて、テキストとの配置を調整して、と、予想はしてましたが、記事にするのは結構大変でした。
    でも、こんなのでも「チャートの力」に気づいてもらえるなら、苦労の甲斐もあるというものです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    19 − fifteen =