チャートか、板か?(最終回)

見せ板」があるように、「見せブレイクアウト」もあります。(いわゆる「ダマシ」です。)

前日終値より安く始まり、その前日終値の位置なんかに、そこそこの圧さの蓋があって、チョコチョコと食われてるんだけど、なかなかブレイクしない場合。
それが値動きの激しい銘柄なら、多くのデイトレーダーがブレイクを待ち構えています。
と、そのとき大きな買いが立て続けに入って、蓋が外れたとしましょう。

ブレイク

です。
どっと買いが押し寄せます。
あなたも、参戦するかもしれません。 長い陽線が発生します。
ここで参戦するデイトレーダーも少なからずいます。
でもそれが「見せブレイク」であれば、仕掛けた「やつ」は既に売りに回っています。

やがてそこに「確信犯」がいないらしい事がわかると、次第に下げ始めます。
まだここで「値ごろ感」で買うデイトレーダーもいます。
でも、やっぱり下げます。
「確信犯」が売りに回っている場合、デイトレーダーの勢いだけでは高値は維持できないのです。

本物の「ブレイク」と「見せブレイク」は、近視眼的にチャートを見たのでは区別がつきません。
でも、過去1年くらいの日足を眺めると、「見せブレイク」には、見せ板があった価格より少し上に強力な抵抗線が見つかる事がよくあります。
「見せ板」と「見せブレイク」を仕掛けた「やつ」は、あるいは今後、その強力な抵抗線を抜いて、更に買い上がるつもりがあるかもしれません。
でも、すぐに上げたんではつまらない。
何度かこうした罠を仕掛け、「甘いトレーダー」の蜜を搾り取るのです。
抵抗線のすぐ下で買うなら、そこまでの薄い利益を前提にエントリーするか、最初から見送るのが賢明です。(基本的には、抵抗線の直ぐ下の位置なら、全て見送っても良いと思います。そんなのより、もっと良い銘柄は、必ずあります。)

それらしい抵抗線もなく、どう見てもブレイクアウトにしか見えないブレイクアウトもあります。
それは、誰が見てもブレイクアウトですから、見せブレイクを仕掛けて小遣い稼ぎをたくらむやつもいません。
勿論、エントリーです。
マーケットの状態や、「確信犯」の思惑によっては失敗に終わる事もありますが、やはりチャートをよく見るというのは常に大切です。

—————————–

(ご注意) 以下の記事は、今までの私の記事と矛盾しています。
私の中で矛盾は無いのですが、それを説明しきる事は、不可能に思われます。
「ある程度の経験」がないと、とても危険な行為です。
とりあえず「こんなのもある」程度の読物として読んで下さい。
気軽にやるべき方法ではありません。

—————————–

私の資金力では、あまり効果的な蓋の演出はできませんが、自力で突破できる蓋であれば、狙い済まして一気にブレイクさせてしまう事があります。
ソフトバンクなんて巨艦に対してはありえませんが、新興銘柄ならたまに見つける事ができます。
例えば1000円の株がたった5000株で、結構な蓋になってたりします。
そういう時、状況を見てこの板を一気に食ってしまいます。
5000株きっちり買うのではなく、7000とか10000とか、買った後に少しでも買い板が残る程度に買う方が効果的なようです。
自分が「確信犯」でない事は一番わかってますから、すぐに撤退の準備(成行きによる反対売買の注文画面の用意)をして「板」を見つめます。
この瞬間は作為的な板が無い状態なので、チャートより精度の高い情報が得られます。
超短期には確かに板も重要です。
そのまま本当に「ブレイク」してしまう確率も30%程度は有るようですが、欲張は禁物です。
少しでも勢いが弱まったと感じたら、すぐ撤退が鉄則です。
リスクも高い方法なのであまりお勧めしませんが「これぞ!」というのがあれば試して見てください。(ご注意を読んだ上で、判断して下さい。)
太いものに巻かれて頂く利益とはまた違った、「ハンティング」の快感があります。(私は動物好きなので、鹿や鳥を撃ち殺したりはできませんが・・・)
こうした「見せ板」「見せブレイク」を「嵌め込み」と呼ぶ事があります。
あなたは「嵌め込み」をどう思いますか?
次回は、その事について書きたいと思います。

【チャートか、板か?(1)から読む】

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


5 件のコメント

  • わざわざ、ご訪問、コメントありがとうございました。
    株って、やればやるほど、色々見えてくるものがありますよね。
    たった2ヶ月でも、そう思います。
    今後も、精進しますです。
    これからも、いろいろ勉強させてください!!

  • llorca様、
    コメント、ありがとうございます。
    URLがあると、そちらでコメントさせて頂けるのですが、、、
    出来ましたら、どの記事が印象に残ったか教えて頂けませんか?
    「これは良く書けた」と思った記事が全く反応がなかったりして、どういうのがご参考になるのか、今だによく解らないんです。
    よろしくお願いします。

  • まだ具体的な感想(どの記事が良い等)は申し上げるに到ってないのですが
    全体を通して心理面やマイルールの重要性について書かれている事
    誰でも当たり前に理解しているそれらについて
    改めてその重要性を理解させて頂ける文章力
    説得力に感激しております
    これから何度も読み返しさせて頂き
    気が付いた事(失礼ですが、、)や感想など述べさせた頂きたく思います

  • ちょっと、褒め過ぎ、、、(汗)
    恐縮しちゃいますよ。
    勿論嬉しいですけどね。
    もっと、軽~~~い感じで、お気づきの点や、わかりにくいところ、そこは違うと思う、なんてコメント、ぜひお願いします。
    そうそう、llorcaさんのおかげでアンケートを思いつき、実施してみました。
    なかなか参考になります。
    これからも、よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    five × 3 =