ウップス(2)

前日の高値以上窓を開けて寄り付いた場合、多くの人が「上昇」に期待します。
そのまま飛び乗ったら、そのまま急上昇という僥倖に恵まれる事もあるでしょう。
でも、それに賭けるのはちょっと芸が無い。
まずは「1分足」で様子を見ます。

始値より上がれば、「売り」の候補、始値より下がれば「買い」の候補です。

書き間違いじゃありませんよ。
始値より上がれば、「売り」の候補、始値より下がれば「買い」の候補です。
ただし、まだ候補にすぎず、エントリーは以下のサインを待ってからになります。
始値より上がって、そのまま上昇を続けるようなら、「見送り」です。
他をあたるか「始値」にまた戻ってきた時に気が付くように「アラーム」に登録しておきます。

ここで逆に買ってしまうようでは、トータル・プラスからは程遠いと思って下さい。
あなたは多数派のブタではなく、少数派の狼を目指さねばなりません。
始値より下がって、でもしばらくしたら、また始値まで持ち直してきた。チャンスです。
この時点では「始値」が「抵抗線」になっていますから、これが突破されれば、そのまま上昇する可能性が高いと考えます。
これは「ウップス」でもなんでもなくて、ただのブレイクアウトですが、これだけで毎日利益を上げ続けているプロ・トレーダーが、私の知っているだけでも数人います。(この場合日足トレンド・フォロー等の確認が重要です)
但し、読んだだけだと簡単に思えますが、実際にやると難しさがわかります。
しっかり「ブレイク」して、しかもまだ「上がりすぎていない」タイミングを捉えてエントリーするには、それなりにコツを身につける必要があります。

儲けが期待できるエントリーは「難しい」という事は覚えていて下さい。
いつも、買いたいと思ったら簡単に買え、売りたいと思えば、簡単に売れてませんか?
だとすれば、それは「高値でつかまされ」ていたり、「安値で買い叩かれ」ている可能性が高い事を疑ってみる必要があります。

ちょっと脱線しました。
さて、始値より上がって、でもしばらくしたら、また始値近辺まで下がってきた。
チャンスです。
この時点では「始値」が「支持線」になっていますから、これが突破されると、買方の損切逆指値注文が一斉に執行され、急落する可能性があります。
ギャップアップに期待して買ったトレーダーが、意に反して投げざるをえなくなるポイントがここです。
買っていたトレーダーは「おっとっと」とつぶやきます。
だから「ウップス」。
ただし、元祖ラリーの「ウップス」はこのポイントではありません。
参加者の心理面で共通点が多いので、私が勝手にウップスの類型とみなしているだけです。
だから「ウップス Type Ⅰとでもしておきましょう。

前日の陽線が長いほど、上髭が長いほど、買いエネルギーは消耗されていますから、「ウップス Type Ⅰ」で勝てる可能性が高いようです。
始値の買板がまだ割れてないのに、これにぶつけて売るのは時期尚早ですから注意して下さい。
ブレイク・アウト」を狙っているのに、ブレイクする前にエントリーしたんでは、まるで行動がチグハグです。(「デイトレの罠」参照の事)
ただし自己資金で始値の買板を吹き飛ばした上に、その価格での売り板を見せつける事ができるなら、検討する価値はあるでしょう。 (「見せつける」と言っても、これは証券等監視委員会が定めるところの違反行為「見せ板」では決してありません。できれば「見せ板」になってほしいと思ってはいますが、誰に飲み込まれてもそれは覚悟の上だからです。)
勿論ハイリスクですから、お勧めはしませんが、、、
ま、私の資金力ではめったにそういう好機に遭遇する事はありません。
ザラ場でのブレイクならともかく、寄り直後というのはボリュームが大きいですからね。

そうそう、上記の事は寄りつきから10分とかせいぜい20分の間を想定して下さい。
短時間ですが、集中力が問われます。
デイトレは「朝が命」です。
デイトレーダーにとって9:00~10:00は、その日の残り時間全部より重いのではないでしょうか?

さて首尾よく「ウップス Type Ⅰ」でのエントリーが果たせたら、すぐ近くには「前日の高値」という抵抗線(買い方には支持線)が待ち構えています。
ウップス Type Ⅱのポイントです。
次回に続きます。

【 この記事の続きを読む 】

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


9 件のコメント

  • ありがとうございます。
    いつも勉強になります。
    9時から9時半の間、どういう戦術が効果的か悩んでました。
    なるほど。
    「ウップス Type Ⅱ」のポイント楽しみにしてますね。

  • おはよう御座います。
    朝の三十分はデイトレ初心者の私にはまだ早いと思い、
    売買を控えているのですが、そんな中とても参考になりそうな記事で(まだ実践は無理でしょうが)
    勉強になります。

  • こんにちは^^
    リンク完了しましたのでご連絡にあがりました。m(__)m
    これからもよろしくお願いいたします!
    またゆっくり遊びにきま~す♪

  • たかやんさん、こんにちわ。
    6988意外なことに利確しました、ロスカット覚悟だったんですが。
    外資3社が同時にレーティング下げるってのもあるんですね、昨日の板は確かにおかしかったです。
    今回はラッキーが重なりましたが、ラックなしで利益が上げられるようにがんばります。

  • Akiraさん、
    ギャップアップしているのですから、短期的にみて「買い」はトレンド・フォロー、「売り」は逆張りです。
    この記事で紹介した方法は、いずれも機能します。
    怖いのは執行システムのスピードが株価の変動に追いつかない事くらい、といったら大げさでしょうか?
    それと、あたりまえですが、自分がトレードに要求されるスピードに対応できている事。「できる!」と確信できるまでは「研究」される事をお奨めします。

  • llorcaさん、
    マーケットの方向性が見えてくるまで、少なくとも9:30までは様子見、というプロトレダーも実在します。「30分ブレイクアウト」って手法もありますしね。
    ただ、ここ数年でマーケットがスピードアップして、この30分の機会損失が、ばかにならなくなってきたように感じます。
    という事で「15分BO」や「5分BO」
    を試してみると、これが結構機能するんですね。
    ぜひ納得いくまで研究して下さい。

  • たかやんさん、こんばんは♪
    さっそくリンクして頂きありがとうございます♪
    こちらも工事完了しました。末永く宜しくお願いします。

  • 購入を検討しています。
    おまけがA~Eまで選択できるようですが、どれがよろしいのでしょうか?
    現在はOANDAがメインです。
    パンローリングの本は一通り読破しています。
    ==================(以下、たかやん)
    私のオマケは商品によって異なるので、このご質問だけでは答えられません。
    ただ、大体商品に合ったオマケを選んでいますので、後は「直観」で選んで頂ければ良いと思います。
    但し「デイトレ攻略の新戦略PDF」に限っては現在無料で配布していますので、
    http://www.seizon.biz/report
    私の最強のPDFではあるものの、特典としては他を選ぶ事をおススメします。

  • 始めてコメントします。
    たかやんさまこんばんは!
    こちらのウップスの記事で今まで疑問に思っていたことの解決のヒントが見えました。
    『始値より上がれば、「売り」の候補』詳しい解説をありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    13 − six =