チャートの何を見るか?(3)

株価の動きには3種類あります。

①上昇 ②下降 ③横ばい

デイトレーダーにとって関心が高いのは、① > ② > ③ の順になるのではないでしょうか?
③に至っては、誰も振り向きもしてないと思ってませんか?
「値上がり、値下がりランキング」がトレードツールとして重視されていますから、これも当然だとは思います。
でも、「人の行く、裏に道あり、花の山」という古い相場の格言はここでも生きていると思うのです。

多くのプロ・トレーダーは、この③に狙いを定め、「引き金」を引く瞬間を待ち構えているのです。
デイトレで確実に利益を上げる為には、「発射された花火」がきれいだから飛び乗るのではなく、「発射寸前の花火」を事前に見つけ、「しっかりと監視」して、「発射直後に飛び乗る」事が必要なのです。

「急騰」してしまった株を買ってはいけない。という事を前回の投稿で書きました。
勿論、更に上昇する場合もありますが、それは「確信犯」に大事な「虎の子」を託してしまう行為に等しく「下落」リスクが高くて「根拠のある損切ポイント」の設定も困難な、「敗者のトレード」だからです。

既に大きく動いてしまった株を追いかけてはいけません。 「急騰」って、目立ちますよね。 では何の為に「急騰」しているんでしょうか? あなたに「儲けてほしくて」、「急騰」という分かり安いサインを送ってくれているんでしょうか?

「な訳、ねーじゃん。」

です。
多くの「急騰」が、あなたの虎の子をもぎ取るため「だけ」に「演出」されているのです。
「嘘」だと思ったら、あなたのトレードスタイルと過去の損益履歴を参照してみて下さい。
あなたが「きれいな花火」が好きで「追っかけ」も好きなら、きっとあなたの収支はマイナスになっているはずです。

重ねて書きますが、プロ・トレーダーは「横ばい」株に注目します。
「横ばい」しているのは、単に「停滞」している場合も有りますが、実はその多くはアキュムレーション 又は ディストゥリビューションの過程であり、つまり「エネルギー充填期間」なのです。 (アキュムレーションとは「確信犯」が値上がりしないように株を買い集めている状態、ディストゥリビューションとは「確信犯」が値下がりしないように株を売りさばいている状態、とでも理解しておいてください。)

例えばある「確信犯」が、A株が現在1000円なのに対して、実際には1500円の実質価値があると「確信」したとしましょう。
あなただったら、どうします? すぐさま一杯買い込んで、その株を「急騰」させますか?

「な訳、ねーじゃん。」

です。 じっくりと1000円近辺で買い集めるはずです。
で、十分に1000円近辺のコストで買い集め終わったところで、1500円に向けた「上げ」のフェーズに移ります。
でも、横ばいが、アキュムレーションなのかディストゥリビューションなのかは、なかなか見抜くのが難しいのです。(「相場で儲ける法」参照)
その為、「レンジ・ブレイクアウト」という手法を用いる事になります。 これにより、

① 「目標より高くなったところで買い、安くなったところで売る」

② 「安きに買い、高きに売れ」

が両立したトレードが実現するのです。 字だけでは分かりにくいでしょうから、次回は「」でご説明しましょう。

つづきを読む

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


6 件のコメント

  • はじめまして。実戦に向けて準備段階の者です。
    偶然にもこちらのサイトに辿り着き、「本能を克服する為に」から一生懸命ありがたく読ませてもらってます。
    ひとつ解りにくかったのですが
    「アキュムレーションとは「確信犯」が値上がりしないように株を買い集めている状態、ディストゥリビューションとは「確信犯」が値下がりしないように株を売りさばいている状態」とありますが、そういうものなのですか?
    値下がりしないように株を買い集めている状態がアキュムレーション、値上がりしないように株を売りさばいている状態をディストリビューション、ならなんとなく理解できるのですが。

  • 簡単の為、アキュムレーションのみ説明します。(ディストリビューションは単に裏表です。)
    もし、確信犯が「値下がりしないように株を買い集めている状態がアキュムレーション」だとしたら、何の為にやっているのでしょうか?確信犯が買いの力を抜いたら、すぐに値下がりしてしまうような株を買い集めて、どこで儲けられるでしょうか?
    確信犯とは、現在の株価水準が低すぎる事、近い将来その事を誰でも知るところとなり、より高い水準に落ち着く事を確信している連中の事です。
    この「価値ある情報」を、自分だけが知っていると確信したら、どういう行動をとるのが最善でしょうか?
    今500円の株で、半年後には1000円になるであろう事を知っているとしたら、今どういう行動を取れば一番儲けが出るでしょうか?
    それは、今の水準のままで買えるだけ買い集める事です。今確信犯が持っている情報は、まだ秘密情報の状態で、殆どのマーケット参加者は知りません。「上りそうだけど、下がるかも?」「下がるかもしれないけど、上るかも?」それが、普通の参加者の心理です。こういう人々から、なるべく現在値で多く買い集める事を考えるはずです。550円にでも上ろうものなら、「冷やし玉」の売りを浴びせて、「ひゃー、ここが天井みたい!」と思わせて、また500円の水準で仕込み続けます。下がりすぎて都合が悪ければ買いで価格を維持する場合も有るかも知れませんが、「現値が安すぎる」事を知っているからこその「確信犯」である事を忘れてはなりません。
    さて、いつまでも500円の水準のままでは、儲ける事ができません。どこかで、好決算が発表されるのかも知れません。競争力の高い新製品を発表するのかも知れません。そうした事実が表面化したところで、蓋をはずして、本来有るべきところまで価格を上げ、大衆が、「もっと上るかも~」と期待している間に、低価格で仕込んでおいた株を売り抜けるのです。
    好決算などのネタが無くても、力ずくで上げ、大衆に更なる上げの期待感を演出して、自分だけ売り抜けるのは「仕手」ですが、これも確信犯に入ります。
    常に「いかに大衆から金を巻き上げるか?」を考えている連中がいる事を意識して下さい。その連中のつもりになって考えれば、わかってくる事もあるでしょう。
    そういう思考、とても大事な事です。
    がんばって下さい。

  • たかやんさん、回答ありがとうございました。私は幸いにも?まだ資金が少ないので実践ではなく某サイトのバーチャルトレードを4ヶ月くらいしていまして最近やっと少しプラスになるようになってきて、なんとなくいけるかも、なんて思っていた矢先に世界同時株安!びっくりというかリアルにトレードしてなくてよかったとほんとに思いました。また、最近口座を開設しまして先週の金曜日に初めて本物の板情報や分足チャート等を見て少なからず足が竦むというかバーチャルではない現実でやっていけるのか不安になりあちこち彷徨い、たかやんさんの「本能を克服する為に」を読んで正に目から鱗が落ちる思いでした。そんな私ですのでまだまだ、このブログに書かれてあることを理解し噛み砕き血肉に出来得るだけの受皿がないようです。しばらくはペーパートレードを真剣にしてみようと思います。とりあえず、ありがとうございました。

  • 相場の局面は①上昇②下降③横ばいと書いてありますが
    ③はレンジを指すのか膠着をさしているのでしょうか?
    私は相場にはこの5局面があると考えています
    ①昇・安値切上高値切上
    ②降・安値切上高値切上
    ③横・安値更新不発・高値更新不発(レンジ/ボックス)
    ④保・動きがない、動けない状態(スクイーズ、保合、膠着)
    ⑤反・押し目戻り目
    株のことは良くわかりませんが、どんな上昇下降の動きの中にも④⑤のうごきがあるわけで、必ずしも、プロは③ブレイクを狙っているわけじゃないと思うのですが、素人が好きなオシレータがどうのこうのでなく、プロは、高値安値で戦っているなんじゃないかと思いますが。。。。。

  • レンジと横ばい。
    私には「ほぼ同じ」ですが、あえて言うと、レンジはある程度上値と下値の間に幅があって、動きに規則性が見られ、それを利用して逆張りで稼ぐ余地のあるものを言い、横ばいはもっと小幅でランダムな上下動が続くだけで、その中にはトレードチャンスが無いもの、となります。
    私は「逆張り」をやらないので「ほぼ同じ」な訳です。
    しかしこれは私がそうだと言うだけで、トレードのやり方はトレーダーの数だけあり、逆張りが間違いと決めつけている訳ではありません。
    逆張りで勝っているトレーダーには逆張りが正解だし、逆張りで損ばかりしてる人には、逆張りは間違いだというだけの事です。
    トラさんが何を主にトレードされているのか解りませんが、FXや先物に比べて株式の銘柄数は圧倒的に多く、従ってブレイクだけを狙っても、そうしたチャンスに差し掛かっている銘柄を抽出して勝負する事でなんとかやっていけます。
    逆に株式に比べるとFXや先物はトレード対象の数が少なくなるので、その限られた対象をより詳しく分析する事で、トレードチャンスの数が少なくなり過ぎないようにする必要があると思います。
    マーケットにかかわらず、またプロとアマを問わず、トレードとは「高値安値で戦っている」という事だと思います。
    トラさんのコメントの真意が完全には理解できてないかもしれませんけど、、?
    これに懲りず、またコメントお願いします。

  • 初めてお目にかかります。
    年末にこのブログをみつけて読ませています。
    ここで書かれている多くのことは痛感しています。
    昨年の9月にいったんもっていたポジションをほぼすべてクローズしました(要は損きりです)おかげでほとんど退場寸前に追い込まれていますがww
    その後、トレードスタイルを根本的に見直し、ここに書かれている内容とほぼ同じ結論に達しました。
    しかし、資金がギリギリとなってしまったため、エントリーポイントをみつけても恐怖感が先にたち、エントリーできないという状況がつづいていました。
    このブログを読ましていただき、自分の到達した結論が間違いではなかったと励まされ、新年からエントリーできそうな気がしています。
    本当に感謝しています。
    ところで、私はこの件は日足だとボリンジャーバンドの収束ということだと理解しています。
    日足でも5分足でも考え方は同じで、もみ合いを抜けたほうに大きく動きやすいとは思っています。(たまにダマシもありますが)
    ボリンジャーバンドの収束と出来高増加、最重要注目指標になっています

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    one × 2 =