デイトレ必勝法 (2)

私がデイトレを始めて1年、大きな損失がでました。
理由は簡単です。

「早すぎる利確と、遅過ぎる損切」

です。
って事は、逆をやれば儲かるって事ですよね。
その具体的な方法は以下の通り。

①「買い」でも「売り」でも、エントリーしたら直ぐに損切の逆指値注文をいれておく。
当然ながら、その損切ポイントに達したら、自動執行に任せる事。 

②思い通りに株価が動き出したら、エントリーした価格に逆指値注文を変更する。

③更に思い通りの方向に動いたら、出ている利益幅の50%の位置に逆指値を変更。

④逆指値で反対売買が自動執行されない限り、絶対に利確しない。

⑤思った方向に動かなかったら、予定の損切ポイントに達していなくても、時間切れで損切する。「10分」がお勧めだが、「30分」までなら自分にあった時間を設定して良い。
しかし一旦決めたら、かならずその時間で「損切」を実行する事。

⑥大引け15分前から、順次全てのポジションを「機械的に」クローズする。

これだけです。
これを実行するだけで、利益が出ます。
これを実行すれば、確実に勝率は下がります
でも、それにめげずに20トレード完遂してみて下さい。
上記ルールさえ守れていれば、 「あ~ら、不思議!」 あなたの口座残高は確実に増えている事でしょう。
これが実行できれば、後は更にエントリーポイントに磨きをかけていけばよいのです。
でも、これを「やろう!」と思って始めて、20トレード続けられる人は、残念ながら10人に1人程度でしょう。
それが「マーケット」というものです。
本能に負けて、優位性を放棄するトレーダーは、残念ですが誰にも救えません。

(補足) 上記必勝法では、どういうポイントで売買すべきかについて述べていません。
単に、

負けトレードの所要時間合計 < 勝ちトレードの所要時間合計

となるようにルールを定めただけです。
これが実行できれば、マーケットの仕組み上、トータルでは負けない事になっています。
但し「エントリーした後、思った方に動く確率」が、50%程度はある事を条件とします。
株は、上昇か下降しかありません。
何も考えなくても、猫や犬に選ばせても50%程度は、勝てるはずです。
50%より大きく負けがこんでいる場合、よほど何か間違った方法を採用していると言う事になります。
それでもこの「必勝法」が守れれば勝てるとは思いますが、相当効率は悪いでしょう。
私が紹介している本等を読んで、基本を見直して下さい。

つづきを読む

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>

トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。
このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)

12 件のコメント

  • たかやんさんはじめまして、thimothyといいます。
    (パソコンが共用で、アドレスを所有していませんので空欄とさせていただきます)
    損切りがうまくできず、どうしたものか?と悩んでネットをいろいろ検索していて、ここにたどり着きました。
    私、ネットでの株取引を始めてまだ約1か月です。事前にある程度勉強して取り組んだせいか、比較的勝率は高い(約七割)ですが、損切りができず、一回の大損で今までの儲けがパー、ということを何回も経験しています。
    (特に急落した場合はなす術なし、でやられることがしょっちゅうです)
    この必勝法には驚きました!逆指値にこのような使い方があるとは考えもしませんでした。早速、22日(金)にやらせていただきました。
    いい銘柄をとらえることができず、3件しか試せませんでした。しかもいずれも損切り、という結果に終わりました。
    しかし、いずれも放っておいたらさらに大損していました。
    (まさに今までの私のパターンです)
    2月の残り5日は、ここで教わった必勝法に忠実に従って行きたいと思ってます。
    ところで、まだまだ知識不足の私ですので、一つ質問をさせていただきたいのですが・・・
    「スキャルピング」とたかやんさんのおっしゃるデイトレとの境目はどのあたりになるのでしょうか?
    私は東証一部をメインにやっています。基本順張りでやってます。
    東証一部だと、特殊な状況ではない限り、+10になればよく上がった方だと感じています。ですから、上昇を確認してから買いで入り(信用取引はまだやってません)、下がる前に利確するスタイルだと、早いときは数分で取引が終わってしまいます。
    私はこれが普通のデイトレのスタイルだと思っていたのですが、実際数ティック(2~5)で終わることが多いので、スキャルピングに該当するのでしょうか?
    たかやんさんの必勝法はスキャルピングは向かない、とのことですが、10分で完了させるということですので、時間もそんなに変わらない気がしますし、よほど急騰する銘柄でなければ同程度のティック数で終わるような気がします。
    もしかしたら、厳密に分けて考える必要のないことかもしれませんが、もし何かお考えがありましたら、ぜひご教授お願いします。
    最後に、これからもたびたびお邪魔させていただくことになると思いますが、よろしくお願いします。

  • 未だかつてスキャルピングについて書かれた書籍に出会った事がなく、厳密な定義というのは知らないのですが、銘柄の最少Tickの一つか二つを取る事を前提としてエントリーし、実際それだけ動いたら瞬時に利確してしまうトレードの事を、私はスキャルピングと理解しています。
    最少Tickといっても、100円の株の1Tickと1900円の株の1Tickでは重みが全然違いますので、多少狙う幅は違ってくるでしょうが、いずれにせよ、小さな幅を取る事に狙いを絞り、より大きな値幅を取る事は一切考えないトレードという事になります。
    その結果として各トレード時間は必然的に短くなります。
    これに対して私のいうデイトレというのは、一旦エントリーした以上は、できるだけエントリーした方向に大きく動いてくれる事に期待し、なるべく大きな値幅の獲得を狙うものです。
    スキャルピングかスキャルピングでないかは、トレーダーが上記のいずれの目的意識をもってトレードするかによって決まるものであって、結果をもって「時間が何分以内だから」「利幅が小さいから」とかでスキャルピングと判断するものではないと思います。
    エントリーする時は上がると思っても、約定した瞬間に風向きが変わったと感じればすぐさま脱出する事も少なくありませんが、かといって「スキャルピングだった」という事にはなりません。
    結果やトレード内容で、スキャルピングになるのか、ならないのかを考えてみても、仮にそれで答えが得られるとしても、利益とは何も関係ない事であり、大して意味ある事とは思えません。
    一方で、自分がスキャルピングトレーダーなのか、そうでないのかは、ポジションがあろうが無かろうが、ザラバだろうがザラバでなかろうが、常に明確に意識していなければならないと思います。
    ポジションを取ってからスキャルピングでいくか、イントラスイングでいくか考えているようでは、典型的な利小損大トレードのオンパレードになってしまうでしょう。
    スキャルピングかスキャルピングでないかの定義なんて、何も気にする必要はありません。
    そんなの気にしたって1円にもなりませんから。
    しかし、自分がどういうトレーダーであるのか(ありたいのか)は、明確に意識していなければ話になりません。
    まあ、こう書いた程度では半分も伝わらないかも知れませんね?
    ご要望があれば記事にしますけど、、、?

  • コメントありがとうございます。
    私は投資資金がまだ少ないこともあり、一回の投資でできるだけ値幅を取るようなトレーダーになりたいと思います。
    本日まででここにある必勝法を17回行いました。結果は3勝12敗2分けと、おっしゃる通り勝率が大幅に下がりました。(それ以前からのトータルも5割を割ってしまいました)
    マイナスも日ごとに増えて若干の焦りもありますが、大切なことに気付きが入ってきた気がします。それは「エントリーポイントを厳選すること」
    今まではスキャ的なトレードをしていたので、トレンドはほとんど無視で、その時上昇している銘柄に飛び乗り、少しプラスになったら利確してました。それで勝ち越せていたのはたまたま運がよかったから、と思うようになりました。
    ちょこちょこ稼ぐにはこれでもいいのかもしれませんが、私はどんどん資産を増やしたいと思っていますので(最終的には1億突破)、運だけに頼ったやり方ではいずれ失敗するでしょう。
    今この必勝法を実践していると、利益を出そうと思ったら、チャートをよく分析した上で、本当に上昇の確率が高い銘柄を選ぶ必要があると気付きました。
    (しょっちゅう損切りとなるのは、この方法が悪いのではなく、自分の銘柄選び・エントリーのタイミングが悪かったから、ということですよね)
    その習慣が完全に身につけば、優位性をもってトレードに臨めるようになると感じています。
    今週あと二日は引き続き必勝法を実践していきます。
    ところで、
    最後に質問ですが、この方法を実践していて、値が大引けまで上昇していった場合は、持ち越しする方がよいのでしょうか?
    (実は本日実際に持ち越しています。損切りポイントが1年間の最安値でしたから、今の状況でこれを割り込む可能性は極めて低いと判断し、持ち越すことにしました。)

  • 本日は日経平均とともにほとんどの銘柄が大幅下落していますので、「買い」しかできない私は早々に手仕舞いいたしました。
    さて、ここ6日間でこの必勝法を22回実施しましたが、結果は4勝16敗2分、金額的にも相当負け込みました。
    上昇トレンドで確実にブレイクを確認した後にエントリーしても、その後一時的に急落し、最下点の下ひげで損切りされること多数です。
    また、わずかな4勝も、確実な上昇はとらえたものの、値上がりの上昇が遅い、または、値上がり幅が少ないため、プラスはごくわずかでした。
    現在の日経平均が日々上下するような状態ではこの方法は合わないのではないのか?と感じています。
    それとも、このような乱高下する相場で勝負しようとすること自体が間違っているのでしょうか?
    来月からどのような方針で取り組むか、自分で再検討して望みたいと思います。

  • 久しぶりに投稿させていただきます。
    前回から約一ヵ月、3月がまるまる終わったわけですが、トータル大幅マイナスでやられました(新興に手を出し、何度も痛い目に逢いました・・・)
    そこで再度このブログを熟読させていただいてます。
    コメントを読んでない個所がいくつかありましたので読ませていただき、ここに記されている必勝法と自分との不整合について気付きました。
    私の元手が少ないのです。
    別のところで「東一の500~1500円の銘柄を選ぶのがよい」とたかやんさんはコメントされてましたが、1000株単位の場合、今の私には購入できません(初心者なので信用取引もできません)
    それほどの低資金でやっていますので、損切りラインも2~3ティックしか設定できません(5以上=資金の1%以上は恐怖です!)逆に+5なら1%以上の利益ですので、喜んで利確です。
    同じような設定をされている方に「私より薄い利幅で・・・」とコメントされていたので、資金がはるかに多く、損切りラインもより大幅に設定され、同時に狙われている利幅も大きいのでしょう。
    ここで解説されている必勝法を行う以前の問題だと感じました。
    今はたかやんさんのおっしゃる500~1500円の銘柄に手を出せるように、とにかく資金を増やすことに専念したいと思います。元手を三倍に!ということなので容易ではないと思いますが、ここで教わったことを自分なりに実行できるようになったためか、先月終盤から額はわずかではありますが、日々の収支はプラス続きです(それでも先月マイナスなのは前半に思いっきりやられていたからです)ので、今の状態を続けていきたいと思ってます。
    それと、別項でコメントするべきかもしれませんが、「ラリー・ウィリアムズの相場で儲ける法」を購入しました。一度読んだだけではほとんど理解できないほど難解ですが、「システムトレード」というものの片鱗が見えてきた気がします。さらに熟読したいと思います。
    毎回かなり一方的なコメントを長々と書いて、誠に申し訳ありません。しかし、他では絶対に知ることのできない「相場の真実」が、このたかやんさんのブログにはあふれていて、大変感謝しています。何度も何度も読ませていただいてます。
    このような場であればこそ、私も実際に自分の行った結果がどうであったかを率直に、詳細に投稿したいと思います。そして、いずれは「おかげでこんなに勝つことができました!」という報告をさせていただきたいと思います。
    今後も期待しています、頑張ってください!
    そしてよろしくお願いします。

  • デイトレ必勝法①~⑥ぜひやってみたいと思います。
    そのためにぜひ教えていただければと思います。
    FXをやっていますので⑥は除外して良いと思います。
    ⑤の時間切れの損切りについてですが、FXについても10分がお勧めでしょうか。
    また自分にあった30分以内を設定しても良いのでしょうか。
    私は15分足を基本としてトレードをしております。
    FXの場合の時間切れ損切りについての考え方を教えていただければと願います。
    よろしくお願いします。
    ====================================(以下、たかやん)
    自分の納得できる損切りポイントを用意してあって、時間切れの損切りにも一貫性が保てるのであれば、30分以内に設定しても問題はありません。
    損切りにもならず利格にもならないでポジションを延々と保持しているより、
    「エントリー時の読みが、はずれたから」
    という事で割り切り、「次」に進む為の「時間切れの損切り」です。
    「10分」という数字には、とくに固執するほどの理由はありません。
    ただし、当面は30分でやってみるとしても、「10分の場合だったらどうだったか?」という事のデーターも収集して、比較を続けてみて下さい。
    そうした実データを元にルールを調整・最適化していくのが、一番合理的です。
    人それぞれ、みんな違うので、コレといった絶対的な数値が存在するとは考えず、仮説と検証に基づいて「最適そうなもの」を選んでいくと考えた方が合理的です。
    でもそうすると、ズルズルズルズル、常に変更し続けるような事も起こりえます。
    これが一番いけない事です。
    それよりは、これといった根拠が無くても10分なら10分、30分なら30分と仮決めしてしまって、ある程度データがまとまったところで、最適な数字を選んだ方が良いと思います。

  • たかやん様
    丁寧な解説をしていただきまして、本当にありがとうございます。
    たかやん様のご指摘のように「仮説と検証を繰り返して、最適そうなものを選ぶ」本当にその通りだと思います。
    何としても「損大利小」の流れを断ち切るためにも、まずは時間切れ損切りの設定を30分としてどのようになるのかを20回やってみて検証してみたいと思います。
    20回続けることも相当にハードルが高いように思いますが何とかやってみたいと思います。
    それからデイトレ生存率向上メールセミナーもいよいよ始まりました。
    どのようなセミナーになってゆくのか大変楽しみであり、期待しております。
    よろしくお願いいたします。
    ====================================(以下、たかやん)
    20回の途中で違反したら、「ふりだしに戻る」のがルールです。
    それでも20回続ける事は、確かに容易ではありませんが、どうしても越えていかねばならないハードルです。
    20回達成して後ろを振り返ると、トレードの景色が今までと変わっている事に気がつくでしょう。
    それを目指して、頑張って下さい。

  • はじめまして、こんにちは!
    ichiと申します。
    昨日より、こちらのブログを
    とても興味深く読ませて頂いております。^^
    無料レポートも読ませて頂きました。
    ただただ、納得させられるばかりでした。
    今回の必勝法、まさに私が求めていた内容でした。
    自分で思いつくことができなかったモヤモヤが、
    全て吹き飛んだ感じです!!
    私も、利食いが小さく、損切りが大きいことで、
    とても悩んでいました・・・。
    実力のある方に、このように文字にしてもらうと、心への刺さり方が違いますね!
    たかやん様、本当にありがとう御座います!
    悩みが全て吹き飛びました。^^
    心から感謝致します。
    まさに、利が積み上がる必勝法ですね♪
    今もの凄くスッキリしています!
    やっと、株やFXにて、
    勝率が低くても勝てる!
    という意味が分かりました(笑)
    エントリーポイントの腕を磨き、
    100トレードでも1000トレードでも、
    むしろこの必勝法で、
    一生ご飯を食べていこうと思います♪
    本当にありがとう御座いました!!
    天狗にならぬように、自分に厳しく、
    叶えたい夢に向かって突き進んでいきます!m(_ _)m
    ichi
    ============(以下、たかやん)
    コメント、ありがとうございます。
    折角「スッキリ」されているところに水を差すようですが、頭で理解する事も大切ですが、それを行為(トレード)に表してこそ、本当の値打ちがあります。
    ところがトレードにはお金が絡む為、理解した事をそのまま行為に移す事が極めて難しいのです。
    だから、おススメは「デモトレ」もしくは「ペーパートレード」で、今回得た気づきの手応えを試してみる事です。
    その途中で、改善すべき点等が見つかれば、これもペーパートレードで「仮説」と「検証」を繰り返して下さい。
    「仮説」と「検証」の段階でお金を賭けるというのは、「トレードが判っていない」という事を意味します。
    お金を賭けないでトレードの研究ができる人は、覚えたノウハウをいきなり実弾で試して見る「多数派」に比べて、各段に「本気度」が高いと言えます。
    確かに、トレードには実弾を賭けないと訓練にならない部分もあります。
    でも、自分の選んだトレード手法がどの程度の優位性を持ったものであるのかを確認する為に実弾を賭ける必要などありません。
    ichiさんに限らずどなたでも、上記の意味を理解され、トレードに反映して頂く事に期待致します。

  • たかやん様
    はじめてコメントさせて頂きます。
    貴重な情報隅々まで拝見いたしました。
    http://www.traderspage.biz/blog/2006/07/post_92.html
    上記のページにある時間切れの損切りについてですが
    負けトレードの所要時間合計 < 勝ちトレードの所要時間合計
    とありますが、例えば思い通りの方向へ進まなかった場合のみ一定時間で切って、思い通りの方向へ進み利が乗ったら10分以上持ってもいいという事でしょうか?
    ==============以下、たかやん
    概ね、その通りです。
    根拠の一つとして、負け組トレーダーの殆どが、
    負けトレードの所要時間合計 > 勝ちトレードの所要時間合計
    (負けトレード、勝ちトレードの平均所要時間でも可)
    になっているはずです。

  • たかやん様
    はじめまして。keiと申します。
    「損切り」について検索していたところ、たかやんさんのブログにたどり着きました。
    ここ数日で今月コツコツと積み上げてきたわずかな利益を一気にマイナスにする含み損をかかえてしまい、落ち込んでいましたが、ブログを読んでいて当然の結果なのだと納得させられました。
    無料で読ませてもらっていいのかな?と思うような濃い内容で今はただただ夢中で読んでます。
    こんなにわかりやすく書いてくれているたかやんさんにお礼がいいたくて。。ありがとうございます!!
    ともかくロスカットしたので、しばらくはポジションを持たずまずはルール作りから始めたいと思います(=^・^=)

  • こんにちは!
    まだ、初心者なんですがすごく、参考になる
    トレード法を見て試してみようと思います!
    質問なんですが、最初、ポジションをもって
    うまくいったら損切りを最初のポイントにするのは
    何pipsくらい取れた時がいいのですか??
    それと、利確を50%にするため損切りの場所をずらすのも
    どのくらいが望ましいですか?
    初心者で、聞いてる意味がわかんなかったら
    すみません!!
    =========================(以下、たかやん)
    既に実弾トレードされているのでしょうか?
    もしそうなら、直ちにデモトレに変えて、今回の質問の答えを自分で考え、試してみて下さい。
    もし今は実弾トレードされていないのなら、やはり自分で考えてみて下さい。
    ご質問の意味は理解できます。
    が、まともなお答えを用意する事はできません。
    なぜなら、私はかいりさんのトレードについて何も知らないからです。
    この意味が解るようになったら、またコメントしてみて下さい。

  • 日足でゆったりトレードしています。
    ③更に思い通りの方向に動いたら、出ている利益幅の50%の位置に逆指値を変更
    これは、含み益が減った場合にはそのままにするのでしょうか?
    例えば一日で200pip利益が出たので、損切りラインを100pipに移動
    翌日に50pip戻って、150pipの含み益になった場合でも、100pipラインはそのままにするのかということです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    three × two =