デイトレ必勝法 (3)

Pocket

昨日は、私の必勝法について書きましたが、いかがだったでしょうか?
デイトレの必勝法といえば、

「ここで買え」

「先をこう読め」

「こういう銘柄を選べ」

みたいなのばかりですから、変な感じがされたかも知れません。
でも、本当に必勝法なんです。
納得できないところがあれば、どうぞコメントして下さい。

この必勝法は「損切を徹底する」からもう一歩進んで「時間切れの損切」を行う事で、トレードに優位性を与える、確実な方法です。
確実な方法ではありますが、実施は難しいです。
損切さえ難しいというのに、時間切れで損切というのは、抵抗があるに違いありません。
しかし、エントリーして10分経過して、逆方向に動いているという事は、そこから挽回して「勝ち」に変化するより、そのまま動いて金額の「損切ポイントに達する」確率の方が高いのです。

更に逆に動いているポジションは、デイトレーダーの心理に悪い影響を与え、その他にいくらでもある「勝てる」トレードができなくなってしまいます
トレーダーは、貴重な自分の資金を賭けているだけでなく、自分の「時間」もまた賭けている事を認識する必要があります。
常に冷静で前向きなトレードを、どんどんこなしていくためには「引かされ」ポジションを早々に手仕舞う事が非常に有効です。

この効果はすぐには目に見えませんが、しばらく継続すればわかってくると思います。
また、利益が100円出ていたのに、みすみす50円まで少なくなったところで手仕舞うというのも、相当心理的抵抗がある事もわかります。
でも、誰にも「最高値で売り、最安値で買う」事なんてできません。
利益が出ている時に、その時の利益幅より下の逆指値で追っかける事をトレイリング・ストップと言いますが、利益の何%で逆指値するかは、トレーダーにより分かれるところです。
80%でも、70%でも結構です。
しかし、数ヶ月以上の通算成績において、最大利益を得るためには「利益幅の50%」という思い切った数字が意味を持ちます。

前にも書きましたが「トレーダーにとって実行困難な手法は、有効な手法である可能性が高い」というのは真理です。
人間の心を逆なでする行為の先にこそ「利益」があるのです。
逆に言えば、心地よい手法は負け組の手法です。
そこのところ、ぜひ一度真剣に考えてみませんか?

つづきを読む

Pocket

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>

トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。
このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けているトンネルの出口を見つけられますので、今すぐゲットしてみて下さい。

13 件のコメント

  • はじめまして。
    この必勝法は(逆指値を手動にすれば)本能から開放されるためのトレーニングと組合せ可能ですね。
    アレンジして使わせてもらってよろしいでしょうか。
    私は、一律に買値の2ティック下を当初の逆指値としようと思っていますが、
    1.②の変更基準ですが、
    Aちょっとでも上がれば買値に変更(同値撤退がBより多い、利確も損切りもBより少ない)がいいのか、
    Bある程度上がってから買値に変更(同値撤退はAより少ない、利確も損切りもAより多い)がいいのか、
    具体的には2ティック上昇or3ティック上昇のどちらかを変更基準にしようか考えています。
    この方法の本来の意図(撤退をより重視or利確幅の拡大をより重視)によって判断しようと思います。
    2.⑥大引け15分前というのは理由がありますか。大引け直前ではだめですか?

  • 初めまして。承認ありがとうございました。今、少しブログ読ませて頂きました。私の利用している証券会社は逆指し値機能がないので、証券会社の変更からしなくてはいけませんね。過去ブログもこれから読ませて頂きます

  • jacinta1972様、
    「アレンジして使わせてもらってよろしいでしょうか。」
    勿論です。でも利幅を伸ばすには逆指値のトレイリングストップを使わないと、なかなかルールは守れないと思いますよ~(体験談、、汗)
    私より、かなり薄い幅でのトレードをされているようです。ぜひ御自分のトレード用にアレンジして活用して下さい。
    大引け15分というのは、単に、例えば5銘柄くらいを保有していた場合に、確実に全部クローズする為です。
    大引け直前だと、間に合わない可能性があります。
    あまり「15分」を意識する必要はありません。(当日全部クローズするにせよ、しないにせよ、ある期間は徹底しないと、何が良くて、何が悪いのか、確率的に検証できないので、ご注意を。)

  • YOUKO様、
    逆指値は、トレーダーの心理的弱みをかなりカバーしてくれる、有効なツールになる可能性があります。
    しかし、逆指値が可能な証券会社にしたから、直ちに利益が出るというほど甘くもありません。
    要するにトレーダの理解、意識、心理が全てです。
    私のブログがご参考になれば、これほど嬉しい事はありません。
    どの記事が面白かったか、ぜひまたコメント下さいね。

  • 同じデイトレーダーでも、スイング系、スカルピング系と、100人いたら、100人違います。
    どれがベストか?にコメントできるほど慢心できるとこまでは私は来ていません。でも、反対に動いたら、サラッと処分し、順方向に動いたら、逆指値に任せて、できるだけほったらかしにしておくと言うのは、本当に神経を逆なでする方法ですが、実りは多くなります。
    ここさえ理解して頂いていれば、どんなスタイルのトレードでも、きっと良い結果が生まれると確信します。

  • 逆指値を使ってしまったら、本能から開放されるためのトレーニングを兼ねられないので使わないと思います。
    自分自身が逆指値システムになれれば一番よいと思います。
    私は、自分に全く勝てない大馬鹿者なので、自分に勝つための必勝法としてトレーニングできればよいと思います。
    自分に勝てるようになれば、トレードに勝つためにはだいぶ助かると思いますので。

  • 本能に従うトレーダーは、負けトレーダです。
    本能に反する規律を確実に守れるようになるには、一定期間厳しくルールを守るトレーニングが欠かせません。
    トレーニングがトレーニングではなく、自然な事に感じられるようになると、トレーダーの内側で大きな変化が起こっています。本能の逆転現象です。
    「言うは易し、行うは難し。」でも、生き残りたければ、やるしかありません。頑張って下さい。

  • traderspageさん。さっそく本日やってみました。
    結果マイナスでした。
    もう少し続けてみようと思いますが、
    私の運用および検証になにかまずいところがないか見てやってください。
    それとこちらのブログをリンクさせていただいてよろしいでしょうか?

  • 先にも書きましたが、この方法では勝率が下がるのは仕方ありません。しかし、それが我慢できれば、勝ちが待っています。
    3716,4755,4329を買った理由は何ですか?全く理解できないので、「まずいとこが」有るか無いかコメントできない状況です。
    ブログ初心者なのでリンクの意味がわかってません。
    やってみて頂けますか?

  • traderspageさんの言われることは大変共感してますのでもっと続けてみます。
    自分がよく監視している銘柄で本日そこそこ出来高のあるものをえらびました。
    リンクの件ですが、自分のブログ内のお気にいりブログに加えさせていただきました。これからもよろしくお願い致します。

  • 「お気に入り」にして頂いてありがとうございます。
    jacinta1972さんのブログには「読者になる」ボタンがありませんが、どうすればいいんですか?
    ところで、「出来高のあるものを選んだ」との事ですが、出来高のあるもので勝負する事は大事ですが、更に「なぜ買ったか」の根拠はありますか? jacinta1972さんはテクニカルをトレードの根拠にされてますか?されているとしたら、どんな本の影響を受けていると思いますか? 

  • なんとか「読者になる」ボタン表示させました。私もブログについてあまり知識ありません。
    私はテクニカルはあまり知識がなく、板とチャートと歩み値から他のトレーダーの心理などを自分なりに読み取るように努めています。
    今回反転の雰囲気を感じたのでINしてます。
    参考にしてるのは、VWAP、5&25本移動平均線と乖離、1分足ごとの出来高変化、前日終値、直近高低値くらいのものです。他のテクニカル指標は見ません。
    先物チャート&板&歩み値、225&JQ指数チャートはいつも見ています。

  • やっぱり、昨日の3716,4755,4329の買いは、「?」です。(他のは調べてません。)
    「?」といっても、否定してる訳ではありません。
    新規投稿で書きますので、見てください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    four × 5 =