「時間の難平(ナンピン)」

ルール違反でオーバーナイト(一泊二日)してしまい、痛手を負いました。」 といった内容のコメントを頂きました。
トレードは修行みたいなものですから、時には痛手を負いますが、そこから学び、気づいて、ぜひぜひ挽回して頂きたいと思います。

ところで、デイトレで損切できないまま大引けをむかえ、そのままオーバーナイト(一泊二日)した事が、私も何度もありました。でも、検証してみるとやっぱり散々でした。
デイトレのつもりが、ついついオーバーナイト。トータルでは必ずマイナスになる。
お泊りした夜に米株でフォローウィンドが吹くと、ちょっと助かったりするのですが、逆風だった場合の痛手は、必ずといってよいほど大きなものとなっていました。 一大決心して、最悪でも大引けまでに絶対、全て処分する事にしています。

難平(なんぴん:取引で,相場の変動によって損が生じた場合、買い増しまたは売り増しして損失を平均化し,回復しようとすること。) はデイトレでご法度なのはご存知の方も多いと思います。
難平すると、勝率が上がります。負けが負けで無くなったりします。
6勝4敗が、9勝1敗になるかもしれません。

それって、いいじゃん?」

と思いますか?
ところが、その1敗が大きいんです。
負けを受け入れない癖がついている分だけ、その1敗は大きな痛手となります。

デイトレで、(損切できずに)オーバーナイトに切り替えるのは「時間の難平」です。
「負けトレンド・フォロー状態」ですから、良いわけありませんよね。
「チャートの支持線を割っていないから、持ち越す」という説明がつく場合、一見正しいようにも思ってしまいがちですが、それがデイトレでない事は明らかですよね?
デイトレには株価の損切ポイントだけでなく「制限時間」がある事も強く意識する必要があります。
この事については、改めて投稿します。

(補足)デイトレで利益が出た時に、当日利確しないで持ち越して、利幅を拡大するという戦略は、一貫性を持っているなら大いに「有り」です。(但し、純デイトレだけで収支プラスの確信が持てるようになったデイトレーダー限定です。)

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − 3 =