デイトレのシステム(3)  分析

データはアクセスに蓄積しましたが、分析はエクセルと、エクセルVBで行う事にしました。
一応アクセスの参考書を買って読みましたが、エクセルの方が柔軟かつ簡単にプログラムできると判断しました。
もし、アクセスのプログラミングに慣れている方なら、アクセスで直接分析した方が良いのかも知れません。
が、私にはどっちが良いかはわかりません。

分析するのは単純な事です。
例えば、 前日終値より高く寄付いて、始値で買い、終値で仕切ればどうなるか?
2日連続で下げた株を、始値で買い、終値で仕切ればどうなるか?
とか、複雑なものでも、 前々日高値を前日高値が上回ったが、終値では下げ、出来高も前々日より減少した場合、始値で買い、終値で仕切ればどうなるか?
といった具合です。
あまり複雑にすると、それに一致するサンプルの数が少なくなり、実戦に使う事ができません。
だいたい50パターンくらいの組合せを用意し、さらに前日の米株の結果を加味して100パターンとなります。
この、それぞれの結果を銘柄単位で、5年分とか1年分とか、期間を変えて検証していくのです。

1銘柄1シート、だいたい50~100銘柄のエクセルブックを用意し、銘柄毎に100パターンの結果を計算し、集計していきます。
あまり多くの銘柄を一度にやろうとすると、ある所でエクセルのリソースが不足し、動作が不安定になって使えなくなります。
この加減は、試行錯誤しかありません。
エクセルブック1冊に収納できる銘柄数は限定されるので、複数に分散させる事になります。
1冊の集計を終えるのに、長ければ数時間を要します。
集計の期間や、パソコンの能力も大きく影響します。
プログラムによる検証は、Aというブックが済めばBへ、Bが済めばCへ、とリレー式に連続して行わせる事が可能です。
私のパソコンを何度徹夜させたかわかりません。
曜日の特性(例えば、木曜日に上がる(下がる)傾向は無いかとか)や、利確、損切などの最適水準についても、分析しました。

こうした作業を2ヶ月くらい続けたところで、ようやくシステムの試運転、つまり試しトレードを始められるようになりました。
画像は、分析で見つけた約50銘柄について、毎日、サインがでたもの(最大7銘柄)を1銘柄100万円で売買した場合の、過去5年間の利益曲線です。
平均すると毎日3銘柄弱の売買で、5年で8000万円の利益が出ています。

悪くはありませんが、実戦での保証は何もありません。

つづきを読む

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • 始めまして。登録&コメどうもでした。分析面白いですね。勉強になります。もっと詳しい分析内容も教えてください♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    twenty − 12 =