本能から開放されるためのトレーニング(2)

何度も言いますが、「その他大勢」と同じ心理状態でデイトレしても、結果は「その他大勢」と同じ、つまり負組入りです。
極一部の「勝組」と同じ心理状態を獲得する必要があります。
「勝組」の心理状態を一言で言えば、

勝っても、負けても、淡々としている

に尽きます。

トレードを行っていく限り、負けトレードに必ず遭遇します。
それも頻繁に。

それを100%受け入れているのです。
「ああ、このトレードは負けだな。」
それだけです。
予定通りの位置で脱出し、すぐ次のトレードに向かう事ができます。
負けトレードを回避するような、予定外の行動は一切ありません。

・ナンピン

・我慢

・デイトレからスイングトレへの予定変更

こうした行動は、損害を拡大し、資金を拘束され、無駄な労力を使うだけの結果となります。
「勝組」は、エントリーする時には「どこで利喰うか」「どこで損切るか」「いつまでにクローズするか」などの行動が全て予定済みであり、感情が起伏する事がありません。
でも、損しても、得しても、感情が動かないなんて、人間的じゃないですよね。

そうです。
だからデイトレは難しく、殆どの人が損出を出しているのです。
本能を「Off」にできるのがプロだ!
人間的で無くなる事、本能の一部をスイッチオフできる事が求められるのです
多くのデイトレーダーは、この事を知る事すらなく、マーケットから退場を言い渡されます。
本能の一部をスイッチオフできるようになる為のトレーニングについては次回書きます。
これに成功すれば、勝率が50%以下の戦法でも十分トータルプラスできるようになるでしょう。
ぜひ挑戦してみて下さい。

つづきを読む

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • FXで生活がしたい。
    現在は無職です。
    ================================(以下、たかやん)
    FXも頑張りつつ、こういうのもやってみてはいかがですか?
    http://www.traderspage.biz/netbiz/
    「1日10分の作業で〇〇万円!」
    とか、
    「ほったらかしでも、自動的に〇〇万円稼げる!」
    とかの、特に〇fostyle系の「甘い話」の情報には十分気を付けて、地に足をつけて、しっかりビジネスとして取り組めば、かなりの確率で稼げるはずです。
    収入の道が複数できると、精神的にも余裕が保てて、トレードにも好影響ですよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    20 − ten =