「自分だけは大丈夫」の補足

自分だけは大丈夫」は、人間の本能である。 と書きましたが、実際これは「正常化の偏見」とよばれる災害心理学の用語であり、災害時に落入り易い人間の心の傾向としてよく知られています。
ま、それはともかくとして、今日こんな記事を見つけました。
(該当記事は無くなってしました。2014/01/02補足)

長くない文章ですから、ぜひ読んでみて頂きたいのですが、特に面白いと感じたところを書き出して見ましょう。

デイトレーダーに見る「正常化の偏見」
(正常化の偏見とは)つまり、危険であることは頭で理解できても、それが自分にふりかかるとは思えず、早い段階で避難をする判断ができない心理状態を指すようです。
早い段階での判断ができなければ、損害規模は大きくなります。
ハードな部分もさることながら心理状態による行動如何で、損害規模が大きく左右されてしまいます。
このような心理状態は、災害時だけではなく災害前にもいえるのではないでしょうか。
「自分は災害に遭うはずはないのだから対策する必要はない。」
このような心理状態では、自分で自分の身を守るための事前対策を取ることはしません。

上記は、原文のままですが、「避難」->「損切」、「災害」->「損害」に置き換えてみて下さい。
私の書いてきた文章と、殆ど同じ意味になります。 (まるで私がパクッたかのようですが、誓ってパクッてませんので念の為。)
蛇足になる事はわかってましたが、災害時の心理学が、あんまりぴったり株式の心理学に当てはまるのが面白くて、ついご紹介しちゃいました。

関連記事『自分だけは大丈夫』

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • yongjoon1972 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    14 − 6 =