「これから始めるデイトレ」 胡散臭いタイトルに似合わず、使える一冊

私は、過去4年で200冊以上、300冊以下の相場に関する本を読みました。 (半分以上はBook Offの100円コーナーで仕入れたのですが・・)

しかし、直近の1年間はグッと購入のペースが落ちました。
大体の事は知ってしまったので、本屋でサッと立ち読みして、よほど何か「ピン!」と来るものがないと、買わなくなったからです。

そうした中、最も最近買ったのが、

これから始める株デイトレ ―目標は元金30万円で毎日1万円の利益!

です。 なんとも怪しいタイトルの本なんですが、中身を見ると珍しく、デイトレの手法が具体的に書いてあるので、買ってしまいました。 本当に基本的な、初心者向けな事も書いてある、しかし手法は「なかなか」のアンバランスな本です。

既に紹介した11冊の本は、全て教科書の類であり、それら全てを読んでも、そこから自分にあったデイトレの実践的な手法を確立するには時間がかかります。 ところが、この本から入って、デイトレの経験を積みながら、11冊の教科書で深く理解していくというのも、結構効率の良い方法かもしれないと思ったので紹介させて頂く次第です。

自分を初心者と思っている方には、この本の手法で「つもり売買」(=ペーパートレード)から始められる事をお勧めします。

本棚(http://booklog.jp/users/traderspage)からレビューもどうぞ。 レビューにもありますが、「常にデイトレが危険と背中合わせな事」だけは、お忘れなく。

推薦はしますが、「タイトル通り」と思われたら、それは甘すぎます。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>

トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)

7 件のコメント

  • 二階堂の本を薦めていますがまずくないですか
    下参照。
    私はトレードで生計をたてている者ですが、時々この方のブログを拝見していて、
    一冊くらい投資手法の参考のために読んでみようかと思っていました。
    しかし、8月25日のトレード内容でUFJ銀行を空売りしたと記載が。
    どこで売って、どこで買戻したかまで詳細にです。
    初心者の方は知らないかもしれませんが、UFJ銀行は3月から売り禁です。
    つまり現実的には不可能な売買が書かれているということです。
    具体的な金額まで書かれている以上、勘違いではすまされないのでは?
    投資手法に関しては、興味を持って注目していた方なだけに非常に残念ですし、
    本の内容がどこまで信用できるものなのかわからなくなってしまいました。

  • アマゾンのカスタマーレビュー(2005/08)ですね?
    知りませんでした。ご指摘、ありがとうございます。
    裏付けを取ろうとしてはみたのですが、二階堂さんのブログは2006年以前には戻れず、連絡も取れないので諦めました。だから、このレビューは本当かもしれない一方で、誹謗中傷でないとも言いきれません。
    では、私はこの紹介記事をどうすべきなのか?
    ちょっと(数秒)考えてみましたが、このまま紹介する事にします。
    「価格程度の内容はある」
    と思うからです。
    最初から「目標は元金30万円で毎日1万円の利益!」というサブタイトルの本を紹介する時点でちょっと躊躇するものはあったのですが、「価格程度の内容はある」という事で紹介する事にした経緯があります。
    「れん」さんのコメントを見て、買い控えたくなった方は、買わない方が無難です。
    他にも本は無限にありますから、無理してまで買う必要はサラサラありません。
    でも私は、やっぱり「価格程度の内容はある」という事で記事は残しておこうと思います。
    本書を購入された方のコメント頂けましたら幸いです。

  • こんばんわ。
    ご紹介されており、書店で中身を見てしっくりきたので購入しました。
    この著書のなかで紹介されている「リバウンド狙い(現物)」のテクニックについてたかやんさんのご意見をいただきたいと思います。
    疑問に思ったのは「長めの陰線の次に短い陽線が出たらリバウンド買い」というテクニックについてなのですが、これは寄付きがギャップダウンで始まっていても同じようにこの手法が使える可能性は高いのでしょうか。
    ギャップダウン+大陰線のダブルパンチであればその日の相場も下げトレンドがなかり強くなり、買いは仕掛けにくくなると思うのですが。
    ご意見いただきたいとおもいます。
    よろしくお願いします。

  • この本、部屋の中を探してみたのですが、行方不明です。
    もしかしたら、捨ててしまった可能性もあります。
    時々、本をゴッゾリ捨てている為です。
    なので、該当部分を読み直す事ができませんので、どういう前提で書かれているのか確認はできませんでした。
    ただ、一般的に急落というのは「過度」になる事が多いという事はあります。
    恐怖が恐怖を煽るとでも言う事でしょうか?
    勿論、急騰でも「過度」はありますが、頻度と程度からして「急落」に軍配が上がります。
    (まあ、現物では空売りできないという事がまずある訳ですが、、、)
    「過度」であるからには、どこかで戻るのであり、そこを「取れ!」という事です。
    当然「危ない」トレードになりますが、少しでも下げる気配になればエントリーの直後でもすぐ脱出するようなルールと注文執行の技術があるならば、トータルでプラスにできる可能性は十分あると思います。
    BNF氏が、どうやらこの種のトレードをされているらしいです。
    勿論、「長い陰線が出たら」というほどシンプルでは無いでしょうが、リバウンド狙いという点では共通しています。
    逆に、エントリーしてから逆に動いてもマゴマゴするだけとか、様子見してしまうようなトレーダーがやればトータルマイナスになるはずです。
    まあ、そんなトレーダーは何をやってもトータルマイナスでしょうけど、、、。
    ギャップダウンしたからとか、そういう事だけで、この手法がダメとか使えるとか言う事はできないと思います。
    「長い陰線の後に短くても陽線が完成」
    というパターンとその後をできる限り数多く見て、どういう時がチャンスで、どういう時は見送りかという基準を自分の中に作る事が先決となります。
    更に脱出のルールも自分の中に固めてからの出撃となります。
    それから、この本に書いてある方法は、どれも勝てる可能性を持っていますが、中途半端に実弾であれこれ試したりしても、なかなかトータルプラスは実現できないでしょう。
    自分でも「これは良さそうだ!」と直感するものに限って集中的に検証し、自分だけの武器に育てるプロセスが欠かせません。
    ほんの数個でもそういう武器が持てれば自信もつくし、更に研究していく弾みにもなります。
    そういう意味で、まず順張りと逆張りのどちらでいくか?くらいは方針を決めた方が良いでしょう。
    両方同時にやっても、「虻蜂取らず」になると思います。
    この本は、「こうすれば勝てる」という手法を列記してあるのではなくて、「こういう考え方もある」というサンプルを各種提示しているのであり、それを取捨選択し、更に武器として磨きあげるのは購入者側の分担であるという意識を持って下さい。
    (実は、どんな本でも、この意識が必要だと思います。)
    ピンボケな答えだったら、ご容赦のほど。

  • 初めまして。デイトレ初心者です。

    この本から入りペーパートレードで経験を積みながら、11冊の教科書で理解を深めていこうと思っているのですが、11冊の教科書とは相場で設ける法、オズの実践トレード日誌、魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門、デイトレード、タートハズの秘密、株はチャートでわかる?、ボリンジャーバンド入門、マーケットの魔術師、ターナーの短期売買入門、、デイトレード大学、生き残りディーリング決定版、で良いのでしょうか?

    ご意見よろしくお願い致します。

    • 11冊という数字には特別な意味はありません。
      また、私がご紹介している書籍はどれも良書ではありますが、どれも初版から年月が経過している事もあり、必ずしもユウタさんに必須という訳でもありません。
      良い本と出合いたければ、まずは多読。
      沢山の本を読むうちに、1~2割程度の確率で、自分に合った良書と出合う事ができます。
      駄本を読むのも勉強のうちと考えて、直観的に興味が感じられる本から読み進めていって下さい。

      • 丁寧なご回答ありがとうございます。

        数日前からペーパートレードを始めていますが中々難しいです。6段ステップをクリアしてプロのトレーダーになれる様に教科書で理解を深めながら頑張ります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    one × one =