まとめ

デイトレーダーも、ちょっと一休み。
ここまでで一区切りつきました。
今後は、他の事を書いていくつもりですが、何がいいか考えているところです。

「こうすれば、絶対勝てる!」

なんてタイトルだと受けるんでしょうけどね?
そういうのもいいんですが、なるべくならこのブログでしか読めない内容を優先していきたいと思ってます。
でも何を書くにせよ、「本能を克服する為に」で書いた事ほど大事な内容は無いでしょう。

デイトレを始めたばかりのころは、私も

「損切なんて、やればいいんでしょ。わかってるよ。」

って思ってましたからね。
その時の「わかってる」と今の「わかってる」は本質的に違うんですが、これをどう説明すれば理解してもらえるかについても、もっと考えてみたいと思ってます。
だから、ちょっとした感想なんか教えてもらうと参考になるんです。
コメントお待ちしてます。

======================================
(補足)本能と理性の関係については、こちらのレポートで詳しく解説しています。

『デイトレ攻略の新戦略レポート』 <==クリックして下さい!
======================================

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


13 件のコメント

  • 本能のお話、全部読ませていただきました。私は2ヶ月前に株を始め、最初は損切りのこと「なんで損してるときに売るの?上がってから売ればいいやん」なんて本気で思っていた大バカ者でした(^^;)おかげで痛い思いをし、考えを改めて今に至るわけですが。。相場どうこうより、一番の敵は自分の迷いだということを、最近はよく実感しています。記事読ませてもらって改めて考えさせられました

  • 惜しげもなく、トレード手法を披露しているのには敬意を表します。損きりの重要性は仰るとおりだと思います。自分の考え方としては、トータルの資金のチャートを作って、下値が徐々にきり上がっているかどうかを判断基準にすると良いと思います。ある程度のボラティリティが許容でき、下値がきりあがっていけば自信をもってトレードできるのではないでしょうか。

  • コメント、ありがとうございます。
    確かに「自信」って、重要ですよね。
    全くトレードが違ってきます。
    「惜しげもなく、トレード手法を披露」とおっしゃって頂いた事には戸惑いを感じます。まだこのブログには、書きたくても、その準備記事を書くのがやっとで、本来書きたかった水準に、全然追いつかないので焦りを感じているくらいだからです。
    でも、それはこのブログが私に要求しているからであり、コツコツ続けていければと思っています。
    また、来て下さいね。
    よろしくお願いします。

  • 色々な株に関するホームページ・本やブログがありますが本気でトレードをしようとしている人には、心打たれるブログだと思います。
    私は、毎回損失の連続です。
    カットをすれば良いとの心の逃げがこの結果を生んでいるようにも思います。
    でも、必ずプラスになれる時が来るのを信じて頑張っていこうと思っています。
    今、頭で分かっているところからマイナスの連続で気持ちでは理解できるところになれた感じです。
    次は、腹で納得出来て実行できる様になるつもりいます。
    どうも、エントリータイミングが早すぎてカットになってしまいマイナスを出す事と騰がるところでは株価上昇に絶えないといけないと痛感している次第です。
    私は、このブログより強く力を頂いている気がします。
    ありがとうございます。

  • ホント、ちっとした違い、きっかけだけだとは思うんですが。
    アドバイスしようとコメント書いてみたんですが、やめました。sanoさんの状況に合っているアドバイスになっている自信が持てなかったからです。
    きっと、私のブログの記事をいろいろ読んで頂いているのだと思います。その記事のどれかがsanoさんに響いて、プラ転を実現して頂きたいと思います。
    頑張って下さい。それしか言えなくてごめんなさい。

  • 解ってましたが
    なぜ私が実行できないかが 具体的な事例で納得です
    再度 挑戦します
    私は博打打ちでした 当初かなりの利を上げてました
    ラスベガスで資金を一日で100倍に何度もしました
    なぜ勝ち続けたか このブログで思い当たります
    感謝します
     

  • すごいですね!
    私は博才ゼロなので、博打でどうやったら勝ち続けられるか全然判りませんが、熊太郎さんの気づきに何か貢献できたとしたら、嬉しい事です。ぜひ結果につながるよう、頑張って下さい。

  • たかやんさん、こんばんは。
    最近、この記事の前「本能から開放されるためのトレーニング(3)」が、ちょっと注目されていますね。なんだか嬉しくなってきます。(私が喜んでも仕方が無いんですが)
    「まとめ」の方がシックリくるので、こちらにコメントします。
    「整理整頓」って当たり前のことですよね?
    でも、これがナカナカ出来ません。
    ペン立てからボールペンを取って何かメモをする。
    終わったらペン立てにボールペンを戻す。
    ただ、これだけのことが出来ません。
    机の上にボールペンを放置しちゃうんです。
    ただペン立てに戻す...たったそれだけのことなのに...
    損切なんて簡単な行動です。
    ただクリック一つするだけです。
    でも、これが出来ない。
    たった一つのクリックなのに...
    全く同じことだと思います。
    はるか昔の私が子供だった頃、「歯磨き」って面倒だった記憶がかすかに残ってます。(^ ^;
    今は、毎食後、何も考えずに「歯磨き」をします。
    しないと気持ちが悪いくらいです。
    おかげ様で今は、エントリー直後に逆指値を入れないと気持ちが悪いです。(笑)
    損切の実行を目標にするよりも、損切ポイントが近づくにしたがって襲い掛かってくる様々な「誘惑に勝てる理性を身に付ける」ことを目標にした方が良いように思います。
    クリック自体は大した行為ではありませんが、誘惑に打ち勝つには相当なエネルギーが必要ですから。
    私の場合は、「俺はこの誘惑を打ち払う為に、全エネルギーをここに注ぎこむんだ~~!!」くらいの気持ちで繰り返していたら、いつの間にか、逆指値のセットが、「歯磨き」と同じになりました。(笑)
    そういえば、このトレーニング、「損切を実行できるようになるための...」ではなく、「本能から開放されるための...」ですよね。
    もう一度、(1)、(2)を読んでみましたが、『損切』という言葉は、話の流れの中で、たったの一度しか使われていませんでした。 
    「損切なんて、やればいいんでしょ。わかってるよ。」(記事本文から引用)
    「整理整頓なんて、やればいいんでしょ。わかってるよ。」
    「歯磨きなんて、やればいいんでしょ。わかってるよ。」
    今の私には、みんな同じことのように見えます。
    たかやんさんの言いたかったこと、私なりの答え(とらえ方)でした。
    年の瀬に非常識な長~いコメントで失礼しました。
    また来年もお邪魔しに来ますが、どうぞ宜しくお願いします。

  • トレードで稼げるようになる為には、損切りさえできれば良いというものではありません。
    しかし、トレードで稼げるようになる為の、最もわかりやすく、最初にクリアすべき問題の典型が「損切り」である可能性はあります。
    その損切りが、磨きと同程度の習慣にできれば、他のあらゆる規律を習慣化してしまう事も、そんなに難しい事ではなくなりそうです。
    逆指値による損切りの設定なんて、誰でもやろうと思えば出来そうなものですが、現実問題としてそれをずっと継続できる人は「選ばれし人」という事になってしまいます。
    高いようで低く、低いようで高いのが「本能の壁」。
    別の言葉で言うなら、「早く甘えを捨て、本気を出せ」という事。
    みこのすさんには既に十分理解して頂いているようですが。

  • たかやんさん、おはようございます。
    レス、ありがとうございます。ゆっくりお酒でも楽しみたいお時間だったでしょうに...
    まさか禁煙に続いて禁酒とか。(・・?)
    自分の形が来るまでエントリーしない。
    トレイリング・ストップ以外は利確しない。
    投入資金を一定に保つ。
    その他いろいろ...
    簡単に出来そうなトレードのルールは誰でも持っていると思います。
    が、どれも実際に行動に移すとなると難しいことです。
    そういう意味では損切と一緒だと思います。
    ルールをきちんと守る人をマーケットは評価してくれる。
    普段の生活と変わりませんね。d(^-^)
    タバコの問題も、ルールを守り、それ以上に厳しいマナーを自らに課して喫煙している人と、ルールさえ守れない人とを、区別して論じてくれれば、それほど違和感は感じないのでは。
    税金が上がるくらいのことは、ある程度、やむを得ない面もあると思います。
    これはお酒も一緒かなぁ~と考えています。
    また長くなってしまいました。ホントに今年のラストにします。
    ではまた来年。

  • 本能1を読ませていただきました。
    為替3年やってますが、未だ勝てていない状況で自信もありません。
    システムトレードや裁量の検証などをたくさんやりましたが、最近、「トレードで勝つってこーゆーこと(分析など)とは別のところにあるんじゃないのかなぁ?」と疑問を持ち始めました。
    今はその疑問の答えを出すべく試行を始めてまだ数日ですが、本能1を読んでみて、「自分のやってることは間違っていない」という自分への信頼度が上がった気がします。
    このような他に見ない良きコンテンツを提供していただき、ありがとうございますm(_ _)m

  • 本能1だと、まだ全体の5%程度といったところでしょうか?
    まだまだありますので、こんなところで満腹してないで更に読み進めていって下さい。
    そしてまた、どこかでコメントを。
    勿論、質問でもOKです。
    お待ちしています。

  • はじめまして。先月からトレード始めた超初心者です。これまでの記事を見て、まさに「自分のこと」と重なりました。「上がれ!」「もどるはずだ!!」「買ったら下がり、売ったら上がっておかしいな!」などと、心でつぶやき、トレードを終えた後は疲労こんぱい・・・こういう感情が損切りを戻るだろうと遅くし大損失、そして、まだ上がると独りよがりの欲望で、再度下がっていき、しかも、戻りを信じて待ち大損失!ギリシャ問題など、株価の動きも難しいところに、勝手な感情で負けまくりの自分を変えたいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    14 − one =