デイトレのシステム(1)

私が株のデイトレをやろうと思った最初の頃に、「ラリー・ウィリアムズの相場で儲ける法」に出会いました。
私の本棚http://booklog.jp/users/traderspage/frontでも、真っ先に紹介しています。
その中で、

「取引のためのシステム的なアプローチを手にした時点で、すでに競争相手よりも数光年も先んじているのである。」

という記述が強く印象に残りました。
株で勝ち残る為には、何らかの「優位性」を手にする事が必要と感じていた私にとって、神の啓示にも等しいと言うか、背中を押された気がしました。
ラリーは、必ずしもコンピューターのプログラムによる「システム」を言っている訳ではないのですが、プログラミングに抵抗の無い私は、わき目もふらず、自分のシステム作りに没頭しました。
この経験は、私のトレード生活の初期を飾る(?)エピソードであり、成功と失敗と教訓を私にもたらしました。
ご参考になる事もあるかもしれませんので、この「マイ・システム」について書いてみようと思います。
ただ、誤解しないで頂きたいのは、これはシステムの「お手本」なんかじゃ無いと言う事です。
株のド・シロートが、何にも知らないまま作業した記録なんです。
でも、その後「マイ・システム」を作っているトレーダー数人と情報交換したところでは、「みんな、似たようなアプローチしてるんだな」と感じたので、「ご参考」程度にはなるかもしれません。

つづきを読む

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(13000ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>

トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。
このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)

1 個のコメント

  • 全然「勝組トレーダー」ではナイですよ(^^) まだまだ勉強中です!大変参考になるブログになっていると思いますよ~ こういったブログの皆さんと一緒に学び、楽しくトレードをしたいと思ってますので宜しくお願いしますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    nineteen − four =